イベント・セミナー

2016.05.11

【カテゴリ】発達障がいだけど大丈夫

子どもの発達障がいを周りに話した方がいいですか?

今日のポイント380255

子どもの行動パターンを見つけて

その子に合った

ほめ方・叱り方を

やってみる!!

 




昨日のお茶会でこんな質問がありました。

 

4061634 「子どもの発達障がいを

周りのお母さん方に

話しておいた方がいいんじゃないかと

先生に言われました。

どうしたらいいですか4501

 

 

私の答えはこれ22502
127774 「お母さんは、どうしたいですか4501

やるとしたら、何のためにするのか4501

一番大切です。」

DSC_1946
 

多くのお母さん方を見てきて思うのは

子どもさんのことを周りに言うかどうかは

結局のところ

お母さん自身が自分の生き方に

納得できているか

納得できてないか

なんですよね4283389
 

特に医者による診断が「◯◯の疑い」とつく

発達障がいグレーゾーンの場合

 

子どもさんが小さい時には

いろいろなことがまさに真っ最中で

 

4061634 「発達障がいなのか

気持ちの不安定さなのか

なんなのかわけがわからないどんっ (衝撃)

 

ということもあります。

 

客観的に見ようと思っても

そのこと自体が難しいんですね。

 

それは仕方のないことです。

 

なにしろ、お母さんは一生懸命やってるんですから。

 

なので、

「まわりから責められたくない」という気持ちが

浮かぶこともあると思います。

 

が1つやってほしいことがあります380255
 

それは、

パターンをみつける

 

子どもさんには何らかのパターンがあると思います4283389
 

困った行動を好ましい行動に変えていくことは

発達障がいでもできることですし

社会で生きていくために大切なことです。

 

ただ、

1910718 きつく叱る

1910718 言い聞かせる

1910718 たたく

1910718 ほめる

といった一般的な方法では効果がないことも

よくあります。

 

その子に合った方法が必要です。

 

例えば、

うちの息子は

激しく怒って叱ってもあまりうまくはいきません127765
 

その時は

278319 「ごめんなさ~い」

と言って反省しますが

数分後にはケロッとしてたり127765
 

だけど、

やることをわかるように書く

22502

パターンが定着するまで付き合う

ようにするとうまくいきます。

 

叱っても精神的に

ぐったりするので、

なるべく

 

こわ~い顔で言う

22502

笑いに変えて

楽しい気分でやり直しさせる

 

こういうのを繰り返します。

 

 

その子に合ったほめ方・叱り方を

みつけるといいですよ116822

 

また、お母さん自身も

自分がイラッとするパターンをみつけておく

いいですね380255
 

 

ということで周りに伝えるなら大切なのは

周りに発達障がいであることを伝えるだけ

ではなく

4061634 「こんな特性があります

そういう時は

こんな風に教えてあげてください」

という対応のヘルプハートたち (複数ハート)

 

人間は「自分たちと違うから排除する」となりがち。

 

それは

どうしたらいいかわからないからです2456
 

要は戸惑ってるし、わからないから怖いんですね。

 

だから、

対応の仕方を考えて教えてあげる、

または

こんなことしたら上手くいったよ!!って教えてください。

とお願いしてみるのはどうでしょう4501
 

お母さんだからわかってるわけではないし

お母さんだって困ったり悩んだりするということを

子どもも知っているといいですよね113822
 

みんなで悩みながら前に進んでいきましょうハートたち (複数ハート)
 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

今日の最新の情報はこちら

ライティング教室5・6年生の部まだ空きがあります!!

588721無題

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す