2016.05.20

【カテゴリ】不登校だからこそこれが大事

不登校だった子が学校に行き始めました。

今日のポイント380255

不登校になる子どもさんに共通するのは

1910718 自分の思いをことばで表現するのが苦手

1910718 ネガティブな思いを隠そうとする

1910718 自分のできること、よい所を意識しづらい

これに

対応するために

お母さんだけのカウンセリングも有効です。

 




本日、嬉しいことがありました113822
 

1人の生徒さんが

きらぼし学舎を卒業されました桜
 

と言っても

その子と合ったのは2回だけ。

 

その子が学校に行かなくなってしばらくしてから

お母さんが相談に来られました。

 

それからずっと

お母さんとの定期的なカウンセリングを

続けていて

 

子どもさんも1度だけ来てお話して

一回お家に訪問いたしました113822
 

 

子どもさんご自身が

もうやだ〜 (悲しい顔) 「行きたくない」

もうやだ〜 (悲しい顔) 「会いたくない」

と言っているような場合

 

お母さんのカウンセリングを継続的に

進めることで

間接的に子どもさんにアプローチすることができます。

 

授業風景_045
 

お母さんご自身にラクになってもらうための

カウンセリングや

お家でできる言葉かけや

子どもさんへの対応、

観察する場合の見る視点などを

一緒に考えたり

アドバイスさせていただいたりしています380255

 

 

 

今日卒業されたお母さんも

はじめはとても思いつめた様子で来られました。

 

でも、

とても素直なお母さんで

アドバイスしたことを1つ1つ

やったり忘れたりしながら

 

できる日も

できない日も

ありながら

 

進めてこられました。

 

子どもさん一人ひとり

何がどの様に作用するのかは

わかりません4283389
 

 

でも、

お母さんにとって

1910718 気持ちが少しでもラクになること

1910718 やればいいことがわかること

1910718 子どもの変化に対する見方がわかること

などは

 

子どもさんが

学校に行くかどうかよりも大切なことです。

 

 

そして、今日は

学校に行き始めたので子どもさん本人が

1910718 自分の出来ることや成長したところを感じられる声かけ

1910718 ことばによって自分の思いを表現できるような声かけ・対応

1910718 自分で自分のことを決められるための仕組みづくり

についてお話させていただきました。

 

そのお母さんは

4061634 「学校に行くようになって

色んな当たり前のことが

幸せなことなんだと感じています」

とおっしゃっていました127774
 

 

気づくって大切ですね~ハートたち (複数ハート)
 

 

ただ、注意点があります3801879
 

なんとなく学校にいけるようになっただけでは

多分、

また同じことを繰り返します。

 

別に不登校を繰り返してもいいと私は思っていますが

親御さんは不安ですよね。

 

不登校になる子どもさんは

1910718 自分の思いをことばで表現するのが苦手

1910718 ネガティブな思いを隠そうとする

1910718 自分のできること、よい所を意識しづらい

という特徴があります。

 

なので、

なるべく自分でリカバーできるように

力をつけておくのが

親御さんにできることだと思います113822
 

だから、

自分の気持ちや考えを

ことばで表現できるような手伝いを

お母さんにはしてもらいたいんです。

 

o0800053313349973537
 

127774 「おめでとうございます。

よくがんばられましたね~」



笑顔でお伝えすることができて

本当に幸せな時間でした823420
 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

今日の最新の情報はこちら

588721無題