イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2020.10.27

【カテゴリ】不登校

子どもが不登校になりかけたら

子どもがだんだんと学校を休むようになって、不登校になりかけたら、

親はつい
「もっと子どもにできることがあるんじゃないか」
「なにか元気になるようなことをやってやりたい!!」
「あれもした方がいいんじゃないか」
「これもした方がいいんじゃないか」
「もっと話を聞いた方がいいんじゃないか」
「もっとこの子が話ができる人と会わせた方がいいんじゃないか」
そんな風に考えてしまうようです。

そりゃそうですよね。

今まで元気だった子どもが元気なくなってきて、学校にも行きたがらなくて、
「このまま、本格的に行かなくなったらどうしよう。」
そう考えたら、
「とにかく、今できそうなことは何でもやろう!」
となるのもうなづけるし、普通のことだと思います。

親心だと思います。

だけど本当に大事なのは
実は【引き算】だったりすると私は思っています。

子育ての引き算。

子どもが不登校になりかけた時、その子は今いろいろなことを考えて、人生の岐路にいる。

そういう状況にあるんじゃなかいかなぁ。

ほとんどの子どもさんは、
「自分がどうすべきかわかってる」
と私は話を聞いていていつも思います。

「だけれども、どうしても動けない。
それで困ってる。」

そういう子どもさんが多いです。
(もちろん、全然違う感じの子どもさんもいますけど)

そこに親はよかれと思ってどんどん追加する。

その子はすでに自分のことでいっぱいいっぱいだから学校に行けなくなっていて、処理しきれなくなって判断能力も落ちてるかもしれない。自信もなくなっているかもしれない。

決断するにもエネルギーがいるから決めることがさらに増えると辛いかなとも思います。

なので、
ちょっと立ち止まってみてください。

焦るよね。

うん。
でも、ちょっと待って。


まず考えるべきは、
☑️子どもの成長の邪魔をしてないか?(できるのに手を出す、口を出す、試行錯誤を取り上げる)
☑️これまで、子どもがやりたいこと(やりたいことって単なる刺激に対する反応とか快楽とかもあるから結構判断難しいけど)邪魔してなかったか?
☑️子どもが自分の意見を言う前に親が先に自分の意見を言ってないか?(決めつけたりね。あなたはこういうタイプだからこうしなさい。とかって子どもの失敗するチャンスを取り上げたり。)

そういうところを見直して子育ての【引き算】をしてみる。

それで、子どもが自分から発信してきた言葉や態度を見てみる。

きっと気づくことがあると思います。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

【LINE】お友達募集中!

友達になっていただくと下記のような情報が届きます!

  • ・教室のイベントや空き時間
  • ・お休みのお知らせ
  • ・ときどきつぶやき など

ぜひお友達登録よろしくお願いします!

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

不登校・発達障がいの子どもの
個別指導塾きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

コメントを残す