イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2020.09.30

【カテゴリ】心理学

あなたの自己肯定感が低い理由

《自己肯定感が低い理由》
「自己肯定感が低い」
「自己肯定感を育てよう」
「自己肯定感を高める」

ここ数年で「自己肯定感」という言葉を多く聞くようになってきました。


「自己肯定感」ってすごくあやふやで研究者によってその定義もまちまちなんですが、多分、一般的に使われる場合は
・自信
・自分を「私は私。これでいい。」と思える感じ
とかを指すのではないかと思います。

で、はっきり言うと、自分で感じる「自己肯定感なんていらない」と私は思ってます。

いらないというか、
自分で感じる「自己肯定感」なんて不安定過ぎて、役に立たない。
「自己肯定感」ありきで考えるとうまくいかない。

 

自己肯定感低い人は、
「なんで自分は自己肯定感が低いんだろう」

「もっと高めなくちゃ!」
「自己肯定感を高めて、自分で自分を大切にできる人になりたい」
「自分を肯定できたら、もっと幸せを感じることができるんじゃないか」
と考えるでしょう。

違います。

自分なんて、すごくあやふやでいい加減なもの。

そんな、いい加減なものに、自分というとても大切だけど捉えにくいものの基準を置くから、気分で自分を品定めしてるから、いつまでたっても「私はこれでいい」と思えない。
ただそれだけです。

 

気分がいい時
・自分の良いところ
・うまくいってるところ
・人の役にたっているところ
・人よりもできているところ
・繊細な感性
→ポジティブな自分の部分は「当たり前」としてスルー。

気分が良くないとき
・できないこと
・自分を責める気持ち
・人と比べて劣っているところ
・自分を否定する気持ち
→自分のだめなところをひたすらクローズアップ。

自分の感覚で自分を見るとこんな感じです。

これ、意味ありますか?
幸せな気持ちになりますか??

自分という物差しが、自分のことめちゃめちゃに測っているのに、
それで、
「自信がない」
「自己肯定感が低い」
って当たり前じゃないですか??

物差しが正しくないんだから。

適当な棒を拾って、
「正しく1mが測れない」
って、泣いてる人がいたら
「そりゃそうだよ!それ、物差しじゃないよ!」
って言いません?

なので、あやふやで曖昧で、見たいものしか見ない自分を基準にするのをやめましょう。

 

「じゃあ、何を基準にするの??」

【記録】です。

 

あなたはこれまで
「自分が感じた」という自分の感覚、つまり【記憶】を物差しにしてます。

それをやめて、【記録】を物差しにします。

次回は【記録】を物差しにする方法をお伝えします。

ここで話したことを文字にしました。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

【LINE】お友達募集中!

友達になっていただくと下記のような情報が届きます!

  • ・教室のイベントや空き時間
  • ・お休みのお知らせ
  • ・ときどきつぶやき など

ぜひお友達登録よろしくお願いします!

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

不登校・発達障がいの子どもの
個別指導塾きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

コメントを残す