イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2020.08.20

【カテゴリ】心理学

不登校の子にオンラインで授業を!

不登校6年目の男の子が言った言葉。
「もし、学校の授業がオンラインで受けれるようになったら、受けない理由がなくなるから受けるでしょうね」
この意味がわかりますか??

多くの不登校の子どもさん、親御さんとお話するけど、みんな「勉強しなくていい」なんて一つも思ってません。

ずっと焦り続けています。
「勉強しないと…
・みんなはやってるのに…
・普通だったらちゃんとやるのに…
・家にいてもなにもしないのに…
・勉強くらいはやらないと、遅れてしまう…
・取り戻せるだろうか?…
・勉強しない自分は本当にやるべきことから逃げている…
・どんどん漢字も算数もわからなくなってる…
学校も行かないし、勉強もしてない自分はダメだ…」
そう思っています。

学生から「勉強する」というアイデンティティを奪ってしまうってどんなに残酷なことでしょう?

子どもから「勉強する」を奪って、
「自分のやりたいことをやればいいよ。」
「自分の好きなことを見つけてごらん」
って言われて、そんななかなか見つからない、多くの人が一生かけて見つけるような命題をさらっと、しかもさも救済するかのように言われてしまう…。
そして、それが全然見つからなくて苦しんでる子どもさんと親御さんがたくさんいます。

親は勉強の代わりに打ち込めるものを探します。
子どもは勉強を忘れて没頭できるものを探します。
それは、全然ラクではないし、頭の片隅に「やるべきことをやってない後悔や罪悪感を抱えた状態」を維持した、非常にワーキングメモリにも負担のかかる状態です。

今や、インターネットで何でも繋がる時代です。

どうして、授業を家で受けられませんか?
「✔自分の顔は出さない。
✔発言を求められない。
✔画面の向こうの授業を聞く。
✔自分がちゃんとやってるかどうかジャッジされない安心感。
✔人から意識を向けられない(侵入されない)安心感。
✔休憩時間は、そこから離れられる。
を家で確保しつつ授業を受けることができたら、授業を受けない理由が無いよね。」

冒頭の不登校の子が言った言葉はそういう意味でした。

それを奪ってるのは誰ですか?

学校の先生は不登校の子どもたちによくこう言います。

「学校に来て座って授業うけるだけでいいんだよ。」
それがどれだけ苦痛で難しいことかわかりますか??

学校では侵襲性が高すぎるのです。

「広島市の学校のパイオニアになってみませんか?」
そうやって時々小学校とか中学校の先生との面談で話してみる。
不登校の子が学校の授業をオンラインで受けること。

だけど、どの先生も無理っていう。

you tubeじゃなくて、みんなと同じ先生の授業をみんなと一緒に受けれる!ってところが学校にしかできないことなんだよ!!!

学校ってまだまだそれだけ重要なファクターを持ってるんだよ!!

なのに…ダメって。ムリって。なぜ?

私は
・毎朝1日のスケジュールを立てるライブ配信
・毎晩15分間のストレッチと腹筋
をフェイスブックを使ってライブ配信している。
画面の向こうと話はできないけど、すごく繋がってる感がある。

私は主催側だけと、画面の向こうの見えない人たちも、きっと私と繋がってる感じを持ってくれてる。

新型コロナウイルスの休業の時、オンラインレッスンをやってみた!!

自分の顔を映してくれてる子も、映さずに参加してくれてる子も、どのこともちゃんと繋がれた!!

すごく楽しかったし、子どもたちも親御さんも喜んでくれた!

「不登校の子どもたちに何もできない…」と心痛めてる先生が居るのも知ってる。

でも、これだと先生もすごく勇気づけられます!!

それを学校に行けない、行きたくても行けない子どもたちが家で画面のこっち側で感じることはわがままなんだろうか??
本当にできないことなんだろうか?

私がこれだけ考えてるにも関わらす何もしないなら、

ここでこうやって文句言ってるだけなら、

結局同じだな。

うん。

ごめんなさい。

ちょっとこの文章をそのまま教育長とかに送ってみようかな。

私は本当に怒ってる。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

【LINE】お友達募集中!

友達になっていただくと下記のような情報が届きます!

  • ・教室のイベントや空き時間
  • ・お休みのお知らせ
  • ・ときどきつぶやき など

ぜひお友達登録よろしくお願いします!

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

不登校・発達障がいの子どもの
個別指導塾きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

コメントを残す