イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2020.06.16

【カテゴリ】心理学

息子を体育嫌いにしたくない!4こんな仕組み作ったよ!

過去記事こちら↓


基本、インドアな息子。

家ではずっとゲームだし、

下半身は学校の行き帰りで動かすけど、

上半身の動かし方がよくわかってないはず…。

 

かと言って、私も夫も運動が生活に密着してないから、
休みの日に

「さて、身体を動かしに行こうか!」

とはならない。

なったとしても、大したことは教えられない…。

 

そこで、

生徒さんの中で身体を動かすのが好きで、

暇があったらサッカーや野球をやってる子を捕まえて、

 学校休業中、うちの息子にサッカーを教えてやってくれないか?
とお願いしてみることにしました。

親ができないことは積極的に人に頼む!!
(いろんな人と関わった方が自分にあったものが見つけやすい。親の負担も減る)

役割分担すると子育てってちょっとラクかなー、って思います。

 

その生徒さんが快諾してくれて、

コロナウイルスには気をつけつつ、外で平日30分から45分サッカーを教えてくれることになりました。


これがね、意外と良かったみたい!


今日、お兄ちゃんとサッカーできる??


と楽しみにしてました。

高校生なので、課題とか登校日とかでできない日が続くと

一緒にできる日が待ち遠しかったみたいです。

 

代わりに私もお付き合いさせていただきました。


ヒールで公園…。

 

息子が
✅練習すればそこそこできる
というのがわかるってのが私の目的で、

それがわかったみたいなので、

これでよかったかな。

 

体育って、

みんなが「できる!」「楽しい!」を感じられる授業デザインにあまりなってないと思います。

経験者や得意な子が「できる!」「楽しい!」

やったことない子や苦手な子にとっては劣等感にひたすら耐える時間になりがち…。

 


それはちょっとなぁ。

と思って、親としてできることは

✅ 機会を作ること

✅ なるべく自然な形で活動に入れること

✅ 欲張らない(ちゃんと身につけさせようとかしない)

✅ 目的をはっきりさせとく!

で、これができるのも普段のコミュニケーションが息子にとって強引でないからかなぁ、と思います。

 

普段のコミュニケーションで気をつけていること

✅ 拒否権を認める

✅ やりたい、には一回は乗っかる

✅ 必ず説明する

✅ お互いの言い分をきく

 

そして、このコミュニケーションをするためには

私自身の知識と知恵と心の余裕が必要です。

正直、時間にも、体力にもそんなに余裕はないです。

でも、正しい知識があって、心に余裕があったら

そこそこ、時間とエネルギーは捻出できます。

なので、子どもを育てる上で、

まず自分がそこそこうまくいってる感をもつことはすごく大切です。

 

新型コロナでの学校休業が終わったら

もう何事もなかったかのように

ゲームしてますが…。


 

それでも、まあ、

 やったことないから怖い!

やりたくない!!

を防ぎたかったので、

目的は達成したかな。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

【LINE】お友達募集中!

友達になっていただくと下記のような情報が届きます!

  • ・教室のイベントや空き時間
  • ・お休みのお知らせ
  • ・ときどきつぶやき など

ぜひお友達登録よろしくお願いします!

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

不登校・発達障がいの子どもの
個別指導塾きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

コメントを残す