イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2020.02.20

【カテゴリ】心理学

なぜ「わがまま」が許せないのか

今日の内容を一言でまとめると


「嫌な気持ちを認められる」

「嫌な気持ちを持ってる自分を認めてもらえる」

そういう体験が人のネガティブな感情への耐性もつくります。

です。

 

子どもがぐずって言うことを聞かない。

何かにつけて泣く。

いつもは食べるものを食べなかったり、

誰かに言いがかりをつけて急に兄弟喧嘩を始めたり・・・。

 

そういうことってありますよね。

そういうとき、どうしてますか?

 

つい
もう!いい加減にしなさい!!
と怒ったり、

いつもと違って変だな、と思いつつ放っておいたり、

でしょうか??

 

でも、なんとなく
あ、この子疲れてるんだな
とか
あ、この子眠たいんだな
とかわかったりするじゃないですか。

 

で、疲れてたり、眠かったりすると

休みたいから、

甘えたくなったり、ゆっくり構ってもらいたくなったり、

つまり、なんか温もりを求めていたりします。

 

だから、なんとなくいつもと違うんですね。

 

で、こういうとき

あ、疲れてるんだね。
だから、甘えたいんだね。

って、その子の「疲れ」と「甘えたい」をちょっとすくってあげると

子どもは

あ、そっか。
わたし、疲れてるんだ。
甘えたいんだ。

って自分の気持ちと行動の理由がわかるし

それを
わかってもらえた
受け入れてもらえた
ひいては、
ネガティブな気持ちって持っててもいいんだ。
ってことがわかるわけです。

 

この
ネガティブな気持ちを私は持っていていいんだ。
というのが本当にすごく大切です。

そこがないと、

ネガティブ感情を出す人を攻撃したくなります。

だって、自分には認められていないから。

自分に認められてないものを

人が持っている自由に使っていると
なんでわたしばっかり!!
と思うんですね。

 

子どもはまだ、自分の感情の名前をよく知らないことがあります。

大人は、その感情の名前を教えてあげます。

ただ、それだけで

自分のネガティブな感情を自分でなんとかできるようになります。

それが、自分で自分のごきげんを取る第一歩です。

 

そんなことを、楽しくしゃべって飲みながら


我が家にはない、子どもたちの喧騒をにやにやしつつ、

横目で見ながら

東京の1日目の夜が更けていきました。

(ちなみに、私は子ども枠に入れてもらったようでした

1番気に入った写真

まとめ

自分のネガティブ感情をまず認めること。

嫌なきもちは実は持っててもいい。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

【LINE】お友達募集中!

友達になっていただくと下記のような情報が届きます!

  • ・教室のイベントや空き時間
  • ・お休みのお知らせ
  • ・ときどきつぶやき など

ぜひお友達登録よろしくお願いします!

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

不登校・発達障がいの子どもの
個別指導塾きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

コメントを残す