イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2020.01.21

【カテゴリ】子育てのコツ

イヤイヤ期に知っておきたい1つのこと

今日の内容を一言でまとめると


イヤイヤ期に「いやだ!!」「〇〇がやる!」「〇〇がいい!」と言えるのは

言っても安全な場所・相手だとわかっているからです。

そこまでの子育てがうまくいっています。

です。

 


いや!!〇〇ちゃんがやるの!!



これいや、違うの!


という具合に2歳くらいになるといわゆる「イヤイヤ期」が始まると言われますが、

どうでしょう?

ありますか?

もしくは、ありましたか??

 

子どもの発達で、

自分自身の意思

「〇〇したい」

「これは好き」

「これは嫌い」

というのが出てくるのが

だいたい2歳ぐらいです。

 

誰にでも「自我の芽生え」はありますが、

その大きさや出方は子どもによってまちまちです。

 

で、この時期は

これまで「泣く」でしか伝えられなかった

「自分の中の不快感」を

言葉で表現でき始める時期でもあります。

 

不快感というのは、

「自分の中のネガティブな感情」です。

 

これを言葉にして出したとき、

どう反応してもらうかで


自分が受け入れられる存在であるかどうか


という基本的な枠組みが心の中に作られていきます。

 

なので、イヤイヤ期は結構重要。

なんだけど、その斜め上をいく感じでたいへん・・・。

特に、働いているお母さんにとっては

家を出る直前で自我を出す我が子に本当にてこずったり、

何故か、頑として意見を変えない我が子に呆れたり、

まあ色々あると思います。

 

まず、理解しておきたいのは

2歳くらいの「イヤイヤ」はその子自身の不快センサーがちゃんと作動している証拠、だということ。

イヤイヤ言えるのは、
自分を受け入れてくれる
という確証がないとできないことなので

あなたのこれまでの育て方が良かった証拠でもあるということ。

 

不快な感情は



否定される


え、伝わってないの?!

じゃあ、もっと伝えなくちゃ!!


もっとひどくなる(パニック)

なので、

別のことで気を逸らしたり

ご機嫌をとったりなだめたり

していると
誰かになだめてもわらないと落ち着かない
となります。

 

こうなったら、もう

キツい言い方にはなりますが

その子自身が不幸だと私は思います。

 

だって、自分自身の感情なのに

それを納めるのにいつも他人の労力が必要って

非効率だし、自分で自分のことを頼りにできないので

自己効力感もなかなか育ちにくい・・・。

なので、2歳のイヤイヤ期の子どもには



共感される


落ち着く

という仕組みを使って対応していくのがベスト。

まとめ

イヤイヤ期は子どもが「自分の気持ちを伝える」練習の時期。

ちょっとというか、場合によってはかなりたいへんだけれど

「否定するともっと伝えてくる」と心得よう。

 

今日の1問

問題次の英語を日本語にしましょう。

People call it Big Ben.





前回の答え

問題

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

また、私の脳内に興味がある方はこちらでお友達登録をおねがいします。

Line@で1:1トークができるようになりました。
じわじわとお友だち増えてて嬉しいでするんるん (音符)

友だち追加
友達になっていただくと、教室のイベントや空き時間、お休みのお知らせ、ときどきつぶやきが届きますラブレター

不登校・発達障がいの子どもの
家庭教師きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

Comments

コメントを残す