イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2020.01.11

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

「自分の気持ちや考えを人に伝える」の手伝い方

今日の内容を一言でまとめると


子どもをサポートする大人が

なるべく多くのバリエーションを持っておくと

子どもも大人も「挫折感」や「学習性無気力」を持たずに

経験を積み重ねることができます。

です。

 

子どもというのは「人に自分の思いを伝えること」がなかなかできません。

それを、「この子が自分の口で相手に今言うこと」を目標とすると余計に口を閉ざしてしまいます。


お!!この子、自分で言えそう!


と思ったのに、いざとなったら子どもが全然動かなくて全く何も言えず固まった・・・

ということないですか??

 

確かに、子どもが自分で自分の考えや思いを相手に伝えることは大切です。

私も、それはとても重要視しているし、

そうできるように息子に対してアシストしてきました。

 

発表会当日「出たくない」と泣く息子に、母は何をしたか
ピアノの発表会当日・・・。   出たくない と泣く息子・・・。   刻々と迫る時間。 &n…

「大丈夫だからやってごらん」は〇〇なしでは逆効果!!
息子がまだ2歳とか3歳の頃 ジャングルジムが怖くて、  怖いけぇ、嫌だ。 登らん と言っていました。 &nbs…

そのためにやってきたこともいくつかあります。

それは、また別の機会に書くとして、

今回は
「子どもが自分の気持ちや考えを相手に伝える」
ということのアシストの仕方について考えたいと思います。

 

初めに書いたように、


「言えそう」


と大人が思ったにも関わらず

言えなくて固まってしまうことってよくあります。

 

そういう時、大人は


ほら、言ってごらん。



さっき言ってたでしょ。




ほら。大丈夫。



できるよ。やってごらん。

と矢継ぎ早に促すのですが、

子どもはどんどん固まって何も言えなくなるばかりで・・・。

さらに促すんだけど、

結局何も言えないまま

子どもが首を振って


もういい・・・


と呟いたり・・・。

 

これでは、子どももそれをサポートとしようとした大人も

どちらも挫折感しか残らず勿体ない感じがします・・・。

 

こういう場合は、

本来の目的「自分の思いや考えを相手に伝える」を外さずに

バリエーションを増やすことが大切です。

いつ?

どこまで?

どうやって?

に分けてバリエーションを増やすと

子どもをアシストしやすくなります。

 

例えばこんな感じ。

いつ?
後で周りに人が居なくなってから

どこまで?
相手を呼ぶのは大人が手伝う
本当に言いたいことは自分で

どうやって?
直接言う

 

子どもが固まってしまったら、

ちょっと仕切り直し。

 

一呼吸置いた方がいいです。

 

それぞれのバリエーションを考えてみます。

いつ?のバリエーション

✔️今

✔️後で

✔️後日


「どこまで?」のバリエーション

✔️「声をかける→言いたいことをいう」の全てをやる

✔️「声をかける」は手伝う
「言いたいことを言う」は自分で


「どうやって?」のバリエーション

✔️直接口で言う

✔️手紙に書く(書くのは大人が手伝う、又は、本人が書く)

✔️音声認識ソフトで文字化する

これらを組み合わせていけば

ある程度までは「できた」になるんじゃないかな、と思います。

 

「いつも直接最初から最後まで自分の口で言わせる」

が正解ではない。

ということです。

 

でも、私は「人に自分の思いを伝えること」をとても大切だと思います。

なぜなら、

その子の考えや思いは言わないと伝わらないから

です。

 

「人に自分の思いを伝えること」によって自信がつきますし

人とのつながりは社会で生きていくために必要です。

そのつながりを感じられたら、

次は別の方法で「伝える」にチャレンジできると思います。

 

まとめ

「自分の思いを伝える」というのは、

全て全部自分の口である必要はありません。

サポートする側がバリエーションを用意してみましょう。

 

今日の1問

問題

銅の粉を加熱する時は、銅の粉末をあらかじめステンレス皿に薄く広げておく。その理由を簡単に説明しなさい。


前回の答え

問題 次の冒頭で始まる作品の題名を答えてください。

①「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。

② ある春の日暮です。
とうの都洛陽らくようの西の門の下に、ぼんやり空を仰いでいる、一人の若者がありました。

わたくしはその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。

答え ①「学問のすすめ」②「杜子春」③「こころ」

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

また、私の脳内に興味がある方はこちらでお友達登録をおねがいします。

Line@で1:1トークができるようになりました。
じわじわとお友だち増えてて嬉しいでするんるん (音符)

友だち追加
友達になっていただくと、教室のイベントや空き時間、お休みのお知らせ、ときどきつぶやきが届きますラブレター

不登校・発達障がいの子どもの
家庭教師きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

コメントを残す