イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2020.01.08

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

我が子を突然キレる子にしないために、お父さんに伝えたいこと

今日の内容を一言でまとめると

 


自分の弱さを認められることこそ、強さです。

子どもは泣いていい。

大人も泣いていい。

です。

 

子どもが泣いた時、
泣くな!!
と言ったことはありますか?

 

今回は、子どもの「ネガティブな気持ちを抑圧するとどうなるか」というお話を書こうと思います。

 

私自身は、母にそう言われてすごく嫌だったので

息子には
いっぱい泣いたらいいよー
と言って育ててきました。

息子はさほどワンワンなく子ではないのですが、

私との関係の中で泣くときも、何か別のことで泣くときも

制止したことはありません。

 

「悲しみ」と同じように「怒り」や「苛立ち」「嫉妬」「イライラ」

といったネガティブな感情を
感じてはいけない
と押し込めてしまうと、

ネガティブな気持ちを自分の中に持っておくことができず

✔️ 急にキレる

✔️ 今まで良い子だったのに突然問題行動を起こすようになる

✔️ 抜毛や脅迫性などの神経症症状

✔️ 恐怖や危険を感じないためによって起こる転落事故

✔️自傷行為

✔️ 場面によって別人のようになる

✔️ 暴言、暴力、攻撃性、いじめ

などが表出すると言われています。

(出典 東京学芸大学 大河原美以先生 学習会資料より)

 

つい、子育てってお母さんメインのように語られることが多いですが、

私はこの「ネガティブ感情の上手な抱え方」ができるかどうかは
お父さんの影響が大きいのでは?
と考えています。

お父さんが、
感情を抑圧することを強いるタイプ
例えば、
男の子は泣かないものだ
とか
泣くのは弱い人間がすることだ
とか
泣いて許されると思うなよ
というような考えを持っていて、

そういう言動があると

お母さんはお父さんの機嫌が悪くなるのを回避するため

子どもに感情を抑圧するように仕向けるのではないか、と仮説を立てています。

 

なぜお父さんはそういうのでしょう?

それは、お父さん自身が自分自身のネガティブな感情を上手に処理しきれないまま

大人になってしまったからです。

 

だから、子どものネガティブな感情が抱えきれず、どうしたらいいのかわからない、パニック状態にあります。

そして、そのパニックを我慢できない、気に食わないという不機嫌で出してしまう。

 

特に、男の子の場合は、

お父さんが「泣くな」とか「強くあれ!」と強いる場合が多いように思います。

 

子どもは

「ネガティブな気持ちを我慢できるから成長する」

わけではありません。

 

ネガティブな気持ちを出したときに、

それを受け止めてもらったから

ネガティブな気持ちの取り扱い方がだんだんわかってくるのです。

 

泣けない、弱音を吐けない、相談できない、一人でなんとかしようとする、

そんなお父さん

ちょっと心配です。

 
人に自分の弱みを見せられる強さ
の方がよっぽどか「強い人」なのではないでしょうか?

この本はお父さんにこそ読んでもらいたい本です。


まとめ

ネガティブな気持ちは人との繋がりを生みます。

ネガティブな気持ちをゆっくりと受け止めてもらったら

子どもは自分でまた歩むことができます。

 

今日の1問

問題 次の冒頭で始まる作品の題名を答えてください。

①「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。

② ある春の日暮です。
とうの都洛陽らくようの西の門の下に、ぼんやり空を仰いでいる、一人の若者がありました。

わたくしはその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。


前回の答え

問題 Who is the (       ) of the (       )?

この塔の建築者は誰ですか?

答え builder , building

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

また、私の脳内に興味がある方はこちらでお友達登録をおねがいします。

Line@で1:1トークができるようになりました。
じわじわとお友だち増えてて嬉しいでするんるん (音符)

友だち追加
友達になっていただくと、教室のイベントや空き時間、お休みのお知らせ、ときどきつぶやきが届きますラブレター

不登校・発達障がいの子どもの
家庭教師きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

Comments

  1. […] 我が子を突然キレる子にしないために、お父さんに伝えたいこと […]

コメントを残す