イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2019.12.12

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

嫌な気持ちを感じちゃいけないの!?

今日の内容を一言でまとめると


ネガティブ感情は

大切なものを教えてくれるシグナル

です。

 

 
あなたは、自分が今感じていることをつかまえるのは得意ですか??
 

自分自身が今、どんな風に感じているのか?

例えば、
あ、私は今怒っているんだな
とか
〇〇って感じているんだな
という感じに気づくことです。

 

どうですか?

得意ですか??

 

これは、セルフモニタリングと言って、

自分がどんな風に感じたり考えているかに気づいて、

それを第3者的な目線で見る感じです。

 

例えば、子どもの参観日。

先生の話を聞いて授業を受ける子どもたちの中にいる我が子が

名札をかじっていたら・・・。(実話・・・たらーっ (汗)

参観日、我が子にイライラ
今日のポイント  やっぱり、 人間育ててるんだもん!! 一筋縄ではいかないよね!! 先日、息子の参観日がありま…

なんだかすごく悲しく、情けなく思うかもしれません。

 

この、
すごく悲しい
情けない

という気持ち。

ここに気づくのがセルフモニタリングです。

 

実はまずこの気づきをもつことが重要だったりします。

 

特に、怒り、悲しみ、落ち込み、劣等感、後悔、嫉妬、罪悪感。恐怖などの

ネガティブな気持ちに気づくことが重要です。

 
え~、なんで?!
と思われるかもしれません。

そうですよね。

できればネガティブな気持ちなんて感じない方が、

気持ちが落ち込んだりすることなく暮らせる気がします。

 

私にとって忘れられないのは大学の臨床心理学の授業のときに見たビデオです。

解離性人格障害、いわゆる多重人格の人たちの治療の様子でした。

彼らは、まず自分の中の怒りを感じで

それを表現することから始めていました。

そして、そういうネガティブな気持ちを手がかりにしながら

少しずつ人格を統合していました。

(16年前に見たビデオです。現在の治療とは違う可能性があります)

 

ネガティブな気持ちは消して

「無いほうがいい有害なもの」

ではありません。

 

むしろ、自分の本当に大切なものや、

大切な気持ちを教えてくれる

シグナルです。


(笑ってるけど、実は怖くて下を見下ろせない私。

怖い=命が大切というシグナル・・・。)

ただ、自分の気持ちに敏感だけれども、

自分の気持ちをどういう風に処理していいいかわからないと

しんどいと思います。


Twitterにつぶやいた

ネガティブ感情の処理について次は書いてみます。

まとめ

ネガティブな気持ちはできれば感じたくないかもしれませんが、

実は自分の「本当に大切なものを教えてくれるシグナル」です。

 

今日の1問

問題下の図の直角三角形で,xの値をそれぞれ求めなさい。



前回の答え

問題 銅と硫黄を加熱して反応させた。このときの化学反応を化学反応式で表しなさい。

答え Cu + S → CuS

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

また、私の脳内に興味がある方はこちらでお友達登録をおねがいします。

Line@で1:1トークができるようになりました。
じわじわとお友だち増えてて嬉しいでするんるん (音符)

友だち追加
友達になっていただくと、教室のイベントや空き時間、お休みのお知らせ、ときどきつぶやきが届きますラブレター

不登校・発達障がいの子どもの
家庭教師きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

Comments

コメントを残す