イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2019.11.11

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

今週のインスピレーションnews2019年11月1週


忙しくてネット見る暇がない。

自分ではなかなかおもしろい記事を見つけられない。

そんな人に贈る「今週のインスピレーションnews」

時事ニュースには疎いけど、

毎日20~30本の記事を読む活字中毒の私が面白かった記事を紹介します。

今週はなかなか読み応えがある記事多めです。

 

1.読まずに語れ!積ん読王決定戦


これは、寝る前に読んだんですが

布団の中で笑いが堪えられなくて
電車の中で読まない方がいいですよ!!

ビブリオバトルみたいな、

積ん読バトルが生まれてますね。

この後、紹介する岡田斗司夫さんの文の中にも

本の話が出てくるんですが、

10冊買って、9冊は読めなくて

置いてあることに罪悪感が耐えきれなくなったら

読んだつもりで推理するっていう話がなかなか共通してる感じでおもしろかったですね。

 

2.人生相談で「絶対にやってはいけない」こととは?

http://blog.livedoor.jp/okada_toshio/archives/51559605.html

この記事では途中まで読めます。

で、続きはnoteか、Kindle Unlimitedで読めます。

 

岡田斗司夫さんは、「いつまでもデブと思うなよ」を書いた方です。



これもおもしろかったんですが、

私のイチオシはこちら



で、この記事では、

この「悩みのるつぼ」を辞めるにあたって、

どのように悩みを因数分解して

相談に答えているのか?

という話を 岡田斗司夫さんがされています。

これがねー。

なんか毎回納得する感じで本当に面白いんですね。

私もこんなふうに考えられるようになりたいな、と

ちょこちょこ要素を盗んでいる次第です。

 

3.京都言葉と大阪言葉の違いがよくわかる比較表を発見→うなずく人や混じってる人などたくさんいて、線引きはなくなるのかも


方言、好きです。

これ見て、なんかめっちゃわかった気がしましたねー。

頭に、大阪のあの人とかあの人とか、

京都のあの人とか思い浮かんで
 ああ〜!!確かに違う違う!
とかって面白かったです。

 

4.あまりにも言葉にできない方言辞典 「ひろしまにはいみわからんほうべんないよ」編

あまりにも言葉にできない方言辞典 「ひろしまにはいみわからんほうべんないよ」編
「あまりにも言葉にできない方言」こと、「新潟市には「長期放置した飴の表面が(以下略)」」のリプライに「ひろしまにはいみわからんほうべんないよ」とのことでしたが……

方言好きとしてはほっとけん
「すいばり」はとげじゃないんよねー。

あと「すがる」を入れてほしい。

 

5.同人誌制作の計画が立てられない人へ!自動的にスケジュール組んでくれるツールが「予定の〇倍頑張りましょう」など尻叩いてくれる




これいいなー

自分で予定設定してできないかなー

と思って調べたら

ありました!

Qovo – アカウント登録

なかなかいいかも。

LINEに通知チャペルしてくれます。

ただ、ブラウザ使うからもうちょい研究が必要。

 

6.みなさんの「やる気スイッチ」に対するイメージが面白すぎると話題に

http://hattatu-matome.ldblog.jp/archives/56060028.html

私のやる気スイッチは

押し込み型・長押しタイプ

しかもしっかり30分くらい押しっぱなし。

途中で離したら

もう一回最初から・・・。

 

7.「主婦・エスパー魔美まつり」〜田中圭一先生とイタコ漫画家が総力を挙げてのゲリラ二次創作が開始!

「主婦・エスパー魔美まつり」〜田中圭一先生とイタコ漫画家が総力を挙げてのゲリラ二次創作が開始!
本日、2019年11月6日に #イタコマンガ家主婦エスパー魔美まつり のハッシュタグをつけて行われる見通しです。どこかに怒られなければ(笑)

「エスパー魔美」好きだから、

楽しく読みました❤️

ポンポコがちょっと年取っての設定とかかなり細かくて

楽しかったぁ。

 

8.【あの人の健康法】作家・市川拓司 発達障害の特徴を抱えながら生きる方法とは?

https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1084.html

「今、会いにいきます」の作者市川拓司さん

Q:子どもの頃は、どんなお子さんだったんでしょう?

市川「とにかく落ち着きのない子でしたね。ひたすら走り回って、教室でも自分の席に座っていなくて、とにかく机と机の間をほふく前進して、ひとりひとり頭を叩いて相手が振り向くとニコッと笑って、それをずっと繰り返していました。」

なるほどー。

発達障害の特徴を多く抱える市川さんは、「逃げる」ことが大事だったと言います。つまり、自分にそぐわない場所には身を置かない、ということ。

発達障害の有無にかかわらず

自分に合わない環境を避けるというか

環境を選んでいくのは本当に大切だと思う。

うちの母は絵を描くのが嫌いで

小学校の1年生から6年生まで図工の時間

一回も絵を描かなかったそうな笑

そういうの、案外あってもいいのかなーって思ったりします。

 

9.【衝撃】「事実」と「意見」を区別して話せない人の正体

http://hattatu-matome.ldblog.jp/archives/56055895.html

私はこの記事でも言ってるんですが

見つけた!!悩みが多い人の特徴!
先日フェイスブックで 今まで全くなつかなかった猫が急に寄ってくるようになった。 心当たりも無く、不思議に思って…

事実と想像を混ぜこぜにすると

悩みが深く・複雑になります。

 

なので、カウンセリングでも

よく聞くんですね。



それは、その人がそう言ったんですか?

それとも、あなたの想像ですか?

って。

 

で、この記事ではそういう人の頭の中では

何がどうなっているのか?

っていうことがわかった!って話です。

結局のところ

「難しい話で理解できないときは、

簡単な答えられる質問に置き換えて返答する」

って言うことらしいです。

ファストアンドスローは気になりつつまだ読んでない本。



 

今回は、この9記事。

インスピレーションnewsは軽めの感想付きで

毎週みた記事の中で気になったものを紹介しています。

 

一日にめちゃくちゃネットサーフィンしてる私。
 もっとちゃんと働けって思われるんじゃないかな・・・
って不安になるくらい・・・。

1日に30記事くらいは読んでると思います。
(週で210記事かー。)

ネットサーフィンする暇がない、

でも面白い記事は読んでみたい。

そんなワガママでちょっとお疲れの方に面白がってもらったらいいな。

 

私のインスピレーションnewsなので、

ちょっと子育て、

心理学関連多め(そのうちサブカルも)です。

 

また来週紹介します
以下私のアップしているSNSです。

ブログ:読んでくださる方のすぐに役に立つことを中心に書いています。 私の経験や、心理学や本から学んだことが主です。
インスタ:私が読んだり、見たりした本・小説・映画と、描いたマインドマップを紹介しています。
kie(@kieueki) • Instagram写真と動画
フォロワー315人、フォロー中479人、投稿194件 ― kie(@kieueki)のInstagramの写真と動画をチェックしよう
Twitter:最新のブログ記事と、過去記事を定期でアップしています。

過去記事はちょこちょこいいこと書いているので見てください
広島市不登校向け家庭教師きらぼし学舎 (@kiraboshi7_0422)さんはTwitterを利用しています

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

また、私の脳内に興味がある方はこちらでお友達登録をおねがいします。

Line@で1:1トークができるようになりました。
じわじわとお友だち増えてて嬉しいでするんるん (音符)

友だち追加
友達になっていただくと、教室のイベントや空き時間、お休みのお知らせ、ときどきつぶやきが届きますラブレター

不登校・発達障がいの子どもの
家庭教師きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

コメントを残す