イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2019.10.20

【カテゴリ】その他

今週のインスピレーションnews2019年10月3週


 


忙しくてネット見る暇がない。自分ではなかなかおもしろい記事を見つけられない。

そんな人に贈る「今週のインスピレーションnews」

時事ニュースには疎いけど、

毎日20~30本の記事を読む活字中毒の私が面白かった記事を紹介します。

 

1.料理上手だった曾祖母は料理に対する意欲の落差が激しく、完全にやる気のない日はおかずに〇〇が出てきた「そうかそれもおかずになるのか」


これはすごい!!

私の想像の斜め上をいってたわ~。

めっちゃできるのに、あえてこれっていうね。

ちなみに、ある人のお母さんが「料理がすごく苦手で

料理のレパートリーが少なくて曜日で夕ご飯を決めてた」

って言うのは、

いろんな惣菜とか冷食とか宅配が充実してない40年前くらいの当時

自分の弱みをカバーする方法としては天才的だと思う。

私は、週末しか料理しませんが、

脳と体力と精神力を減らさないためにヨシケイ頼んでます。

めちゃラク。

 

2.その手があったか…。「鍵閉めたっけ…?」の不安を超絶シンプルに解決してくれるよ

その手があったか…。「あれ、鍵閉めたっけ…?」の不安を超絶シンプルに解決してくれるよ | ROOMIE(ルーミー)
「あれ、鍵閉めたっけ?」 外出先や家を出て駅へと向かう道すがら、不安に駆られたことってありませんか。 そんな不安を解決すべく、鍵の閉め忘れをスマホに通知するデバイスなど、便利なアイテムも色々とあるのですが……でも、超アナログなやり方だけど、これが一番いいかも。

強迫性障害って割と身近にあって

本当に悩んでいることもあるので、

こういう物理的に見えるのはいいかと思う。

写真を毎回撮っているっていう人もいた。

でも、「ここまで(写真撮る)やっても心配なんだ。」って言ってて、

ああ、それはもう自分を信用できない、っていう話なんだな、って思った記憶。

 

3.不登校14歳、起業する。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191017/k10012135771000.html

 

積極的に学校に行かないことを選択



自分で学校を立ち上げる

そんな話です。

中身は本当に素晴らしい。

やってることも。

だけど、子どもってホントに権利が保障されてないというか、

親にすごく左右される、

大人によって制約される、

っていうのが、大人として申し訳ないな、と思いました。

学校ってホントに自由が聞かないなー。

前にベトナムでは転校がわりと普通っていう話を聞いて、

日本もそうだったらいいなぁ。

と思ってます。

仕事だって転職できるし、

休職だってできるのに。

学校って柔軟性が無さすぎるなぁと…。

 

4.日本人になりたかった|アシュリー|note

日本人になりたかった|アシュリー|note
小さい頃、自分のことは日本人だと思っていた。 自分の声が、他人と自分では違って聞こえるように、肌の色も、自分の色だけ暗く見えるものだと、みんなそういうものなんだと思っていた。 だから、保育園のお絵かきの時間では、なんの疑いもなく、いわゆる肌色で自分の似顔絵を描いた。 でも、「なんでそんなに黒いの?」「色が普通じゃないね」そんな言葉をかけられる内に、自分だけみんなと違うことに、日本人では無いことに気がついた。 何色のクレヨンを使ったらいいのか分からなくなって、お絵かきの時間は毎回生きた心地がしなかった。 小学校に入学すると、髪がボサボサだと笑われた。「実験が失敗した博

日本人とは何か。

自分のアイデンティティをどこにもってくるかって

自分で決めるんだけど

それは他者との関わりなしでは難しい。

子どもの頃というのは良くも悪くも

他者の価値観をどんどん取り込む時期なので、

全部は叶えられなくて混迷するけれど、

それは人の価値観なので

たくさん知ったあとで自分で選べばいい。

ただ、学校って、あまりにも画一化されすぎて

「ちょっと違う」が目立ち過ぎるんだな、と思う。

それは、「仲良い」がいじめを産むところにも繋がってくる。

 

5.ドランクドラゴン塚地さん、ツイッターバッジもらえない話



塚地さん、めっちゃ好きなんだけど

ツイッターも面白い(笑)

マネージャーさんのオチも効いてる(笑)

 

6.「他人の得が許せない」人々が増加中 心に潜む「苦しみ」を読み解く

「他人の得が許せない」人々が増加中 心に潜む「苦しみ」を読み解く

自分と他人が分離できてないんだなー。

自分自身が「頑張らない」し、

「頑張ったことない」から

人の陰の努力が見えないんだな。

にもかかわらず、

理想自己と現実自己の差があまりにも大きくて、

しかも、その差を埋めるという

工夫と努力を学習する機会がなく、

ある意味放置されてきたのかな、とも思う。

平等と公平の違いがわからないと

自分だけ損してる=得られるはずなのに持ってない!!

って思ってしまう。

 

7.不登校児を東大に合格させた親のスゴい声かけ つまづいた子供を潰す親、伸ばす親

不登校児を東大に合格させた親のスゴい声かけ つまづいた子供を潰す親、伸ばす親 (4/4)
「努力の過程」に注目すると言われても、ダラダラ過ごしているのが目に入れば小言の一つもいいたくなるというものだ。であれば、あまり見ないということをオススメしたい。今回取材した東大生の親は、共働きをして…

つまり、

✔ 自由にやらせてみる

✔ 応援する

✔ 自分も勉強して努力を見せる

なんだそうな。

これは、どんな子でもそうだと思うなー。

親側の勇気が試されるというか、

放任と自由の違いがなかなか難しいところですが、

どういう親でありたいか、をはっきりさせることが大切なんだろうなー。

 

8.ひらがなを背の順に並べ直した結果www

ひらがなを背の順に並べ直した結果www
if(navigator.userAgent.indexOf(‘iPhone’) > 0){ var adstir_vars = { ver : “4.0”, app_id : “MEDIA-c21e3821”, ad_spot: 9, …

よくこんなこと思いつくなー(笑)

みんなが知ってるもの



普通じゃない切り口



・ 新しい見え方

・ 興味引く

という感じなんだなー。

仕組みはわかるけど、自分で作るのは難しい…。

 

9.素人が作ったチラシを、プロのデザイナーが作るとこうなる→デザイナーのすごさや、視覚効果の重要性がよくわかる例です


なるほど!

ある意味、学校プリントのフォーマットがあって

それをまとめると面白いかも。

学校プリントって怖いことに

サブリミナルに入ってるから

自分が何か作ろうとしたときに

ふっと出できたりする。

これ、めっちゃ怖い。

慣れてるのと

見やすいのは違う。

 

10.「不幸な人」の声を30年聞き続けた精神科医が学んだ「人を幸福から遠ざけること」

「不幸な人」の声を30年聞き続けた精神科医が学んだ「人を幸福から遠ざけること」
「人を幸福にするものは何か?」という問いかけは、多くの研究者のテーマです。これとは別の角度から、30年間にわたって「幸せになりたい」という人の悩みを聞き続けた精神科医が、「人を幸福から遠ざけるもの」について語っています。

幸福の3つの要素として、「すべき仕事」「愛する人」「楽しみなこと」

だそうです。

今度の【お母さんのための心理学講座】で話そうと思ってたんだけど、

大切なのは

【目標】を【価値】に変化させること。

目標は達成できるかできないかで不安が生まれる

だけど、

価値を高めるプロセスの中にたまたまその目標があるなら

やり方(目標)は変わっても価値を高めることはできる。

という感じ。

ま、ここであんま詳しく言わないでおこう…。

 

11.本気になっておもちゃの写真を撮ってる男の人って・・・


めっちゃ面白い!!

いいよね。

好きなことやるってのがメインで

それで周りが面白がってるってのはオマケ。

 

12.「昔は靴も買えなかった」「上司からは大体嫌われる」 本業年収1000万超え、包丁YouTuberの異常な仕事愛

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1806/02/news002.html



この方ほんっとすごいのよ。

アルミホイルとかならまだわかる。

金属だし。

だけど、豆腐とかからも作るの。

すごいの。

 

13.ある英国人がTHE ALFEEにはまる。

ある英国人がTHE ALFEEにはまる。
イギリス在住のMay_Romaさんがご家族にTHE ALFEEを聴かせた結果。いつでも読み返せるように個人的に作りましたが、誰でも編集可能にしてあります。

家人「ジャパンは西洋じゃないのに西洋な音楽が独自解釈でアレンジされ、ジョニー氏のボーイズとかアルフェーみたいなバンドが存在し、実に独自だ…」

だって。
面白い!

音楽もガラパゴスなのかー。

 

14.セックス依存症になりました。

第74話 – セックス依存症になりました。 – コミック
この物語について 女性にモテることを生きがいにしていた津島。自覚はなかったのだが、体の変調から心療内科を受診すると「セックス依存症」と告げられる。 自助グループに参加し、さらに本格的な治療に取り組み続…

これは、ずっと読んでるマンガです。

ほんっと凄まじいので、ぜひ読んでいただきたい。

一人の人が依存症を克服しようとする話ですが、

何に依存しているかというとセックスです。

こうやって回復するのか…



こうやって依存するのか…

が両方語られます。

(まだ終わってない。継続中)

やればやるほど空虚になるけどやめられない

だから、病気なんですよね…

ただ、なんでもそうですけど

ほとんどの人は、

そういう自分には理解できないことが目の前で起きると

本人の資質とか、性格とか、自分じゃどうしようもないものにその原因を帰属させる。

じゃないと、

「もしかしたら自分もそうなってしまうかもしれない。」

という恐怖に耐えられないから。

だから、病気なのに苦しむ人を罵倒する。

とりあえず、一歩はこうして知ってみることから。

 

というわけで、14ほどご紹介しました。

一日にめちゃくちゃネットサーフィンしてる私。
 もっとちゃんと働けって思われるんじゃないかな・・・
って不安になるくらい・・・。

1日に30記事くらいは読んでると思います。

(週で210記事かー。)

ネットサーフィンする暇がない、でも面白い記事は読んでみたい。

そんなワガママでちょっとお疲れの方に面白がってもらったらいいな。

私のインスピレーションnewsなので、ちょっと子育て、心理学関連多め(そのうちサブカルも)です。

また来週紹介します

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

また、私の脳内に興味がある方はこちらでお友達登録をおねがいします。

Line@で1:1トークができるようになりました。
じわじわとお友だち増えてて嬉しいでするんるん (音符)

友だち追加
友達になっていただくと、教室のイベントや空き時間、お休みのお知らせ、ときどきつぶやきが届きますラブレター

不登校・発達障がいの子どもの
家庭教師きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

Comments

コメントを残す