イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2019.10.20

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

子どもの「やりたいー!」に付き合えない自分にイライラ

最近、息子が朝カフェオレ喫茶店を作ってくれるようになりました。


 

土日はご飯を炊いてくれます。

これは、3年生から。

 

それで、気づいたのが


 ああ、こぼさなくなってきたな。


ということ。

 

人の身体は大きな筋肉からだんだん扱えるようになっていき、

その後小さな筋肉をコントロールできるようになると

モンテッソーリは言っています。

 

なので、小さいころはどうしても

細かい動きが苦手。

ケチャップを出しすぎたり

力を入れすぎて壊れたり

はみ出してしまったり…。

それは、自分の筋肉のコントロールに慣れていないから。

 

✔ どういう風に意識するとどの筋肉が動くのか、

✔ どのくらい力を入れるといいのか、

✔ 動かすにはどのくらいの速さにすればいいのか、

そういうことを習得するにはやはり時間がかかるんですね。

 

うちの子もそうやって、カフェオレを作ったり、

ご飯を炊いたりするのに


 ああ、こぼさなくなったな


と感じられるまで

・生まれてから10年

・ご飯を炊き始めてから1年半

かかっています。

 

子どもに


気をつけなさい!



ちゃんとよく見なさい!



注意してゆっくり!


と言ってもうまくできない理由はここにあります。

 
まだ自分の身体の扱いに慣れていない
これが理由。

 

例えば、


これ
を使って生卵を割らずに持ち上げてください


とあなたが言われたらどうしますか??

 

まあ、多分うまくいかないですよね。

 

それでもこうやって熟練のワザでできる人もいるわけですから、




人間として不可能ではない、

ということなんでしょう。

(もちろん、ここまでの域に誰でも達成できるわけではないですね。

ケチャップかけたり、

お米を研ぐのにはそこまでの熟練はいらないですし。)

それと同じように

意識して注意を向けても

身体がいまいち言うことをきかないというか

身体の扱いに慣れていないのが

子どもです。

 


「軍手を2枚はめているくらいの難しさ」

とも言われますね。

 

なので、子どもが小さくて


やるの!!


とか言って

自我は芽生えているんだけど

全然うまくできないとき

見ている大人は


だって、どうせできんでしょ!!


とかってなったり、

時間がなくてイライラしたりするんですが、

子どもが自分自身の身体の扱いになれるために
自分でやって、その加減を知っていく
ということが何度も何度も

それこそ年単位で必要ということです。

 

だって、10歳でやっと
ああ、上手になってきたな
っていうくらいですから。

 

 

いや、でも、

 



そんなんわかっとるけど、時間もないし

こっちも忙しいし、無理だわ。



 



そんなんやったらいいのはわかっとるけど

そんな余裕ないし

イライラしてしまう自分が辛いわ



ってことありますよね。

 

そういうときは、

最後だけ自分でやらせる。

余裕があれば

最初と最後をやらせる。

 

自分でやってできた!!

が感じられるには

最後の記憶が一番残るんです。

(まだワーキングメモリが未熟だし)

 

なので、例えば「ボタンをはめる」だったら、



こうやってやるんよ~。

よ~く見てね。

と、ちょっとゆっくり上から順番にやってあげて、

最後だけ


はい。やってごらん。


と渡す。

 

 

そしたら、子どもの自主性とか自尊心とか自己肯定感とかそこなわずに

かつ、親もあまりイライラせずにすみます。

 

小学生でも同じです。

(って言いつつ、私はそんな優しくなく、

お米こぼしたら

「ちょっと全部拾って!」

とか言ってここまで来たんですが…)

 

やってみせて、

最後をやらせる。

 

正解をいつも、常に、ずっとやり続けるのは不可能です。

 

でも、現代は情報社会で

みんな子育てのだいたいの正解は知ってる。

 

知ってるけど、知ってるからこそ、


がまん顔 こうしたらいいんだろうな、ってわかってるのにできない!


が辛く、重くなるんじゃないかな。

 

まとめ

子育ての正解を全部やらない!!

できるところだけやる!!

 

今日の1問

問題 江戸時代、大阪は日本中の食べ物が多く集まることからなんと呼ばれたか答えてください。


前回の答え

問題 2つのサイコロを同時に投げるとき、その目の和が5以上になる確率を求めてください。

答え 
 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

また、私の脳内に興味がある方はこちらでお友達登録をおねがいします。

Line@で1:1トークができるようになりました。
じわじわとお友だち増えてて嬉しいでするんるん (音符)

友だち追加
友達になっていただくと、教室のイベントや空き時間、お休みのお知らせ、ときどきつぶやきが届きますラブレター

不登校・発達障がいの子どもの
家庭教師きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

コメントを残す