イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2019.09.19

【カテゴリ】不登校だからこそこれが大事

学校行っても行かなくても、とりあえずこれ

きらぼし学舎に来る子どもさんは全員

小中学校不登校だった子もみんな高校に進学しています。

 

で、高校では案外学校に通っていたり

アルバイトを続けていたりするんです。

 

そういうのを見ると、小中学校が一番しんどいのかな、と思ったりします。

 

先日、これを見て
 



これを読みました。

View this post on Instagram

【紛争地の看護師】 最近、YouTubeで中田敦彦さんのチャンネルでシリアについてわかったところだったから、さらに考えてしまった。 ガザ地区の青年は殆どが高学歴。だけど、勤めるところがないから、イスラエルの境界線に行き投石打たれる。 その繰り返し。 何人もが治っては打たれる。 教育がなければダメだし、教育だけでもダメなんだ…。 日々、学校に行きたくても行けない子たちと触れ合う中で、学校に行きたくても行けない子たちがいることに心を傷めて…。 なんだろう。 すごく不毛な感じがした。 学校に行けばいいっていうものでもない。 教育はほとんどの場合洗脳にも使えるから。 個人レベルですら、見栄とかプライドとか過去の傷つきを握りしめて離せずにそれと気づかずに必死のパフォーマンスをやるのに、それが国家レベルだともうおおごとだ。 そういう意味では昨今、ひとりひとりが自分の幸福感を追求しても良いという傾向にあるのはとても良いことのように思える。 世界平和は自分から。 私は紛争地帯には行かないけど、日本で広島で子どもたちと、そのお母さんたちと戦っていく覚悟をもっとしなければいけないような気がした。 #kiebooks

A post shared by kie (@kieueki) on





 

北野武(ビートたけし)さんのお母さんが


 貧困から抜け出すにはまずは教育なんだdouble exclamation


って言ってて


本当にそうだな


って思う部分がたくさんある。

 

あと、これも、すごく考えさせられた。

低学歴と高学歴の世界の溝
http://luvlife.hatenablog.com/entry/2013/08/07/221155読んで色々考えさせられた。せっかくなので、身の上話を増田に吐き出そうと思う。    すごい田舎の底…

 

 

その反面、

学校に行くうちに勉強がどんどん嫌いになっていく子もたくさん見てて

家庭教師する中でも、色んな子がいて、

その中には、勉強では測れないものを持っている子ももちろんいて、
勉強が全てじゃない
というのも一理あるとも思っている。
(私が、学校の授業をやめて家庭教師一本にしようと思ったのも
学校でこぼれてしまう子にもっとじっくり学力をつけたいdouble exclamationというのがあったし)

 

ただ、本来子どもも大人も
新しいことを知る
というのはわりと楽しいことだったりもする。

 

ほら、子どもってちょっとした段差をわざわざ歩いたり、

何かとルールを作って遠回りながらも、やろうとしたりしますよね。

そういうのって、向上心の現れだと、モンテッソーリは言っているんですね。

 

 

おそらく、日本も昔は、ただ学べる「新しいことを知れる」

それだけで学校がその他どんなに矛盾があったとしても

意義を果たしていた時があったんだと思います。

だけど、時代が進んで行って文明や科学の進歩によって

単に、「知識を得るための教育」があることが求められる社会からどんどん変化している。

 

学校が、勉強だけを教える場所ではいられなくなっている。
(学校ももちろんがんばっているし、素晴らしい先生もいる。
ただ、組織として大きいからいろいろ対処しないといけない問題が多いと
なかなかすぐには身動き取れないだろうな、って思う)

 

だから、

より多様なニーズが生まれたり、

今まで少数で声が拾えなかった「こうだったらいいのに」という声が

インターネットやデバイスの普及で拾いやすくなったりしてて、

 

そういうのに、学校や社会のシステムそのものがアップデートできてなくて

ニーズに追いついていない部分で起きている不登校という現象に対して、自分ができることは何かな、

と常日頃から考えています。

 

 

不登校なっても別にいいと思う。

ただ、学ぶのはどんなことからでもいいから続けておくのがいいと思う。

 

ユダヤの教えで「知識は盗られない」というものがあるけど

(超ざっくり言うとね。)

 

無料で学ぶ方法がすごく増えているから、

どんどん学べばいいと思う。

 

そういう意味でも、グループセッションは1時間勉強の時間を入れてる。

勉強アレルギー対策
今年から始まったグループセッション。 1時間は子どもが企画を持ってくる (勉強時間にしたくないから必死) 工作…

 

 

ゲームだって、マンガだって、本だって、音楽だって、絵だって、全部学びだから。

 

学校というシステムに乗らなくても別に学べる時代だから。

そういう意味では超ラッキーな時代に生まれたよね。

 

もちろん、学校というシステムに乗ればいろんなことがあまり手間取らなくて良くなったり、

特典を受けられたりする。

 

身分証明とかね。

努力の証明とか、卒業証書という形でくれたりする。
(本当に努力したかどうかは置いておいて)

 

自分自身を証明するのって本当に難しいから
(昨年、身をもって体験した。)

そこに乗っかれるなら乗ればいいと思う。

 

どちらにしろ、自分の「知りたい」「学びたい」を大切にしてほしいし、

大切にできないくらい傷ついている場合は

「なんだ、こんなことだったのか」って思えるくらいのわかりやすさで教えられたら、と思う。

 

自分の「〇〇したい」も大切。

「勉強」も大切。

 

何から学ぶか、何で学ぶか、どこで学ぶか、は実は選べる。

 

でも、親なら焦りますよね。

毎日家に居たらどんどん悪くなっているようになっている気がしますよね。

 

勉強って勉強の形を取ってないこともあるし

タイミングも人それぞれです。

 

適度な距離を保つためにも、親自身が相談したり、考えを言葉にすることをおすすめします。

まとめ

ビジネスの世界には商品を「何を買うか」「いつ買うか」「誰から買うか」が大切だっていう話があって、
学校ももしかしたらそういうフェーズに入っているのかもしれないな。

 

今日の1問

問題 マインクラフトでは、1スタックはアイテム64個を必要とします。
さて、64は2の何乗でしょうか。


前回の答え

問題 次の数の平方根を答えてください。

(1)1 (2)4 (3)7 (4)144

答え (1)±1 (2)±2 (3)±√7 (4)±12

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

また、私の脳内に興味がある方はこちらでお友達登録をおねがいします。

Line@で1:1トークができるようになりました。
じわじわとお友だち増えてて嬉しいでするんるん (音符)

友だち追加
友達になっていただくと、教室のイベントや空き時間、お休みのお知らせ、ときどきつぶやきが届きますラブレター

不登校・発達障がいの子どもの
家庭教師きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

コメントを残す