イベント・セミナー

2019.07.30

【カテゴリ】発達障がいだけど大丈夫

人の話が聞けない子の気持ち

今、オーストラリアに来ています。

息子と初のふたり旅。

息子は初海外です。

私は11年ぶりの海外で、初の英語圏。

出発前から、英語が不安で不安で・・・。

 

シドニーからの乗り換えがちゃんとできるかどうか心配でしたが、なんとかなりました。
(SIMカードをなんとか買えるくらいに

 

英語は話している人の顔と口を見ながらようやく、2割程度わかるくらいなので

アナウンスの英語が早くて聞きとれない
周りの人の動きなどを手がかりにまあ、なんとかなりました。

 

でね、こういうのって

✅ 聞き取りが難しい子ども

✅ 語彙が少ない子ども

と同じだなぁ、って思いました。

 

喋る内容が難しかったり、早すぎたり、長かったりして、聞こえてるけど、わかってない。

なんとなくわかるけど、手がかりが足りない感じ。

分かるとは言い難い感じ。

 

私は早口だし、しゃべると情報量も多いので、
(短時間にたくさん情報が詰められるとお得な感じ

気をつけようと思いましたあせあせ (飛び散る汗)
 

状況が変われば能力があっても使えないことがあります。

逆に、状況が変わったり、手がかりが増えればできることも増えます。

 

自分でわかる手がかりを増やすことで、お互いにストレスが減るし、暮らしやすくなります。

常に「わかっている人がえらい」という感覚を減らしていくことで、

何がわかりやすいか発信することもしやすくなると思います。

 

自分から発信する力をつけることが教育だし、

なによりも本人のニーズを確認することを忘れてはいけませんねー。


 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す