イベント・セミナー

2019.07.07

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

ああ、怒りが収まらない!!止められない。

この3週間くらいやたらと怒っている私ですどんっ (衝撃)
 

このブログや講座とか看護学校の授業なんかでは



 10歳位になるとギャングエイジと言って

当たり前のように問題行動が出てきて、

それは自立の前触れですからスルーしていきましょうね~。

とか言ってますが、

私も神でも仏でも菩薩でもないので、怒りが止められなくなることがあります。

 

詳しくは書けませんが、こないだも本当に怒り心頭でどんっ (衝撃)
ふと見た心拍数が121double exclamation
怒ってるだけで心拍数って120超えちゃうんだどんっ (衝撃)
こりゃエネルギー使うわけだdouble exclamation
とか変なことを感心したり・・・。

 

その後、あまりにも怒りすぎて疲れてしまって息子

 かあしゃんはもう悲しいです。

育てる自信がなくなりました・・・。

もう、10年頑張って育てたので、残り10年はとうしゃんに育ててもらってください。

と言って力果てたところです・・・たらーっ (汗) (どっちかというと、息子 よりも夫が困ってた。)

 

いろいろ偉そうなことを言っても、全く冷静ではないし、うまい対処もできてません。

ごめんなさい。

実態はそんなもんです。

 

あまりに腹が立ったので、こんなマップを書いたりもしました。


 

でもね、怒りながら考える訳ですよ。


 ああ。本当にいいたいのはこんなことじゃないのに。



 これは単に親という権力を振りかざして、子どもに言うことを聞かせようとしているだけなんじゃないか。



 子どもに「自分の都合を押し付けるな!」「人のことも考えろ!」って言ってるけど、私は本当に子どものことを考えたか?


とかね。

もう絶賛自己嫌悪中・・・たらーっ (汗)
みたいになっちゃう。

 

しかも、頭の中ではいろんな立場の自分が渦巻いてせめぎ合って大忙しあせあせ (飛び散る汗)


子どもの教育的な側面を考える自分

 これをうまく自立に結びつけるにはどうしたらいいか。

 



怒りのいなし方を考える自分

 ついでだから、どの怒りのいなし方が私にとっては効果的か検証してみよう。

 



とにかく怒ってて、しかも悲しい自分

 え~ん。

結構いろいろ頑張ったと思ったけど、子育て間違ったかな~。

いや~。でもあの言い方はよくなかったよね~。

なんか悲しいよ~。

怒らずに済むならそうしたいのに~!!

 



自分自身と起きた状況を客観的に分析しようとする自分

 とりあえず、何度も起きることに関してはパターンを変えよう。

毎回、嘘をつかざるを得ないもしくは嘘をついたほうがメリットになる状況を起こしているのはこちらだから、

こちらの出方を変えよう。

嘘をついたほうがデメリットになる状況を作るには・・・。



まあ、そんなこんなでまだまだ現在進行形で私は怒ったり悲しんだり、息子と話し合ったりしているんですが、

そんな話を友達にしたらなんだかとっても励ましてもらいました。

あと、自分では見えなくなっている視点を教えてもらいました。

それで、かなり気持ちは落ち着いたんです。

(またぶり返したり、問題は変わってなかったりしたんですけどね。)

 

自分がどんなに勉強してても、励ましてくれる友達や仲間、信頼できる人は本当に貴重です。

 

一人でできることよりも分担して2人でできることのほうが大きいな、と思いました。

 

怒りを「自力で」なんとかすることももちろん大切ですけど、

信頼できる人を見つけて置くことも大切ですね~
 

ちなみに、私がセルフでやって役に立った怒りをいなす方法は

✔ マインドマップを描く

✔ ろうそくの炎を見つめる

完全にやばい人でしたが、もうすでに怒りでやばい人なので、何ら問題ありません。

そしてね~。
やっぱり怒りって自分でどんどん怒りたい要素を見つけてるんですよね~。

まとめ

いろんな知識を入れることも大切。

聞いてくれて客観的な視点をくれる人も大切。

その両輪があると人は結構なんとかなる。

我が子には冷静になれないこともある。(これは多分甘え)

頭の中に怒りが入る余地をなくすのもいいかも。(テトリスとかいいらしい)

 

今日の1問

問題 
マインドマップや心理学講座などの最新の情報はこちら
588721無題
現在募集中の講座はブログ上部にあります ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
✔ マインドマップを描けるようになりたい
という方のお役に立てる講座を開催しています。
また、私の脳内に興味がある方はこちらでお友達登録をおねがいします。
Line@で1:1トークができるようになりました。
じわじわとお友だち増えてて嬉しいでするんるん (音符) 友だち追加
友達になっていただくと、教室のイベントや空き時間、お休みのお知らせ、ときどきつぶやきが届きますラブレター不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

前回の答え

問題 7世紀初め、大王がいた奈良盆地南部を中心に栄えた日本初の仏教文化をなんというか。

答え 飛鳥文化

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

Comments

  1. ユキコ より:

    先生の子育てのブログは身にしみます。
    アンガーコントロールとかマインドマップとか、行動計画とか知識としてはかじっても、実生活で生かせてない自分に日々自己嫌悪です。

    それでも、少しだけ怒りまくってる自分を第3者的に見ることが出来る日も出てきて、「少しは成長したかな」と思う日もあり。

    先生のブログも困った時の一筋の光です。

    • uekikie より:

      終わったあとに書くと、さらっと簡単にやっているように見えますが、やはりなかなかにもがきながら時間をかけて少しずつ人は変化していると私は思います。
      第三者的に自分を見る日があるなら、いい感じですよね~(*^^*)
      その前後にはきっとカギがありますね。

コメントを残す