イベント・セミナー

2019.01.30

【カテゴリ】発達障がいだけど大丈夫

国語の問題、こう解くと間違える!!

先日、息子が学校の宿題をやっていて


 かあしゃん、教えて~


と来ました。

 

私は基本的には、


 あと3回読んで、それでもわからんかったらもう一回聞きに来て。


と言います。

 

理由はこの2つ
 

1 (one) 私が、時間稼ぎしたいから
2 (two) ほとんどの「わからん」は問題文をよく読んで理解してないことが原因だから

 

 

で、そのときは国語の問題でした。


 やっぱりわから~んあせあせ (飛び散る汗)


と持ってきたので


 どれどれ


と見ると

問 ぼう線②「あそこ」とは、どこですか。書いて答えなさい。
 

解き方は

1 (one) ぼう線②を含む段落を本文から探してそこを読む

2 (two) 「あそこ」は場所を指しているので、場所を探す

 

 

なんですが、それを教えつつ息子に聞いたら

 



 Kくん、こうやって探すんよ。

で、どこだと思うexclamation and question
 
 火山口exclamation and question






 



 えexclamation and question ちょ、わからん。

なんで、火山口exclamation and question


 



 だってさ、花火打ち上げるんでしょexclamation and question
だったらなるべく高い山の方がいいじゃんdouble exclamation



どんっ (衝撃) ・・・たらーっ (汗)


 

そうdouble exclamation
これdouble exclamation
国語でなんか変な間違いをするというか、なんか惜しいあせあせ (飛び散る汗)という間違え方をする子によくあるのが、
自分の考えやアイデアを答えに入れる
国語の問題は基本的には答えが文章内にあります。

 

それが、低学年はそのものズバリ書いてあるんですが高学年くらいから少しずつまとめてあったりして抽象的になったりします。

で、中学や高校生になると、言い換えしてあるんです。

 

例えば、「抽象的な表現」とかが「高次な言葉」とかそんな感じです。

 

で、選択問題も書き抜き問題も基本的には本文から探すのがセオリー。

 

国語って、授業では分の構成とか言葉を味わうとかやるくせにのに、テストとか問題だとこうやって言い換えをどんどん見つけていくことになるんですよね。

 

で、自分の想像というか妄想が入ると間違えやすくなりますあせあせ (飛び散る汗)
なので、もしお家で国語を見てあげるときは、


 この中からまず探してごらん


とその指示された部分を含む段落を読んで、なければ全体から探すというのがいいかな~。と思います。

 

まあ、とにかく妄想族だと間違えるんですわあせあせ (飛び散る汗)
 

あと、ASD傾向の強い子どもさんだと「言い換え」が難しく、探せないかもしれません。

語彙を増やす、いろいろな言い方をしてみる、というのを普段からやっておくのがいいかも・・・。

まとめ

国語の問題は自分の考えは聞かれてない。

筆者(もしくは問題作成者)がどう考えているかを問題文の中から探す。

ここに注意してみましょう。

 

今日の1問


 

マインドマップや心理学講座などの最新の情報はこちら

588721無題

Line@で1:1トークができるようになりました。
じわじわとお友だち増えてて嬉しいでするんるん (音符) 友だち追加

ブログの更新や空き時間のお知らせ、ときどきつぶやきが届きますラブレター
不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す