イベント・セミナー

2019.01.14

【カテゴリ】子育てのコツ

ゲームのルールと仕組みづくり3【息子が選んだお年玉はお金ではなく・・・】

この記事で書いたように

ゲームって結局何時間やっていいの?【ゲームとの付き合い方1】
夏休み前に息子の持って帰った保健室だよりにこんな記事が       ゲームと子ど…

ゲームのルールと仕組みづくり【ゲームとの付き合い方2】
前回の記事   続き。   我が家のゲームのルール  テレビ・ゲーム・スマホ・パソコンは1…

我が家のゲーム・テレビ・インターネットの時間は1週間に19時間です。

 

週の始め月曜日にタイマーを19時間にセットしてカウントダウンして使います。

 

が、日曜の夜に


 宿題が終わってなかった・・・あせあせ (飛び散る汗)


と言って約束の21時半(9時半)に寝るのが2週連続でできなかった息子・・・。

 



約束通り1週間ゲーム時間なしになりました。

 

こういう約束もね、お互いちゃんと守ります。

 

 

その代り、救済措置も準備
ていうか、昔むかしに決めていた救済措置を息子自ら引っ張り出してきましたどんっ (衝撃)
 

読書ノート(読んだ本の記録をつけるもの)を持ってきては、


 かあしゃん、読書ノート30冊突破したけぇ、ゲームの時間30分もらえるよねdouble exclamation


 

100点のテストを持ってきては、

 



 かあしゃん、テスト100点だったよdouble exclamation
これで40分もらえるよねexclamation and question


 

本当に手に入れたいモノに関してはどんどんアイデアが湧くようです
 

年末には大掃除を手伝うと自分から言いだして、


 アルバイト代お金はいらんけぇ、ゲーム時間でちょうだいdouble exclamation


と大掃除をやった時間をそのままゲーム時間として稼ぎ、しかも友達が遊びにきたのを捕まえて


 ねぇ、○○くんと一緒にやったら、二人分で時間2倍にしてdouble exclamation


と交渉してきました
 


うれしい顔 おれ、雑巾やるわdouble exclamation


と友達もノリノリどんっ (衝撃)
 

二人で合わせて2時間分稼ぎました
 

そんな息子に、お正月


 Kくん、お年玉お金と時間どっちがいい


と聞いたら、間髪入れず


 時間double exclamation


と返答が。

 

 

というわけで、2年連続お年玉は時間です。

 

今年はがんばったので24時間分double exclamation

まあ、あっという間になくなったんですけどね
 

 

子どもにルールを守らせるよりも、

一緒にルールを考えるようにしたら

自分からいろいろ考えて交渉するようになってきました。

 

お金よりも時間の方が有限だということにも気づいたらしいです
 

 

自分からやる気になるネタは子どもによって違いますが、うちの子の場合は「自由にゲームできる時間」

 

それを使って、

親が子どもをコントロールする

ではなくて、

子どもが自分をコントロールする方法を学べるといいなと思います。

 

そのためには、やはり

 

✔ 言い分(話)を最後まで聞く

✔ 試してみて、ダメだったところを一緒に考える

✔ 自分から工夫するチャンスを作るために、アイデアを自分から出したときはのってみる

 

ということをやってみています。

 

ゲームでも本でも買い物でもインターネットでも、なんでも自分をコントロールする練習であって、

ルールを守らせることが目的ではないってことですね

まとめ

ゲームのルールを上手に使うと子どもが自分から考える「自主性」を育めます。

「守る」ことよりも大切なのは、「自分がうまくできる方法を探す」ではないかな~と思います。

 

 

今日の1問

次の□に入る漢字を答えてください。

「注文したゲームを一日□□  の思いで待つ」

 

 

 

マインドマップや心理学講座などの最新の情報はこちら

588721無題

Line@で1:1トークができるようになりました。
友だち追加

ブログの更新や空き時間のお知らせ、ときどきつぶやきが届きますラブレター
不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

Comments

  1. […] ゲームのルールと仕組みづくり3【息子が選んだお年玉はお金ではなく・・・】 […]

コメントを残す