2019.01.08

【カテゴリ】発達障がいだけど大丈夫

気が散りやすい人は、まずこれをやろう【マインド編】

先日のこちらの記事、たくさんの方から反響をいただきました

どうやったらゲームをやめて勉強できるか問題【失敗確実な作戦編】
生徒さんから直接リクエストをもらいました。   自分でこんな風に 楽しいことをやめて勉強するにはどう…

どうやったらゲームをやめて勉強できるか問題【対処法編】
こちらの記事の続きです。 この記事をアップしたら   何件かの生徒さん宅で  これ相談したのあんたじ…

 

意外な方からも


やってみますdouble exclamation


なんて、コメントやメッセージをもらったりして

 


ああ、みんな意外とダラダラしちゃってダメな自分を「よいとこさどんっ (衝撃)」ってやってるんだな~。


て思いました
 

そうじゃない、テキパキ動いている人も稀にいるし、

同じ人でもすごくテキパキ動ける案件と、全然なんにもやりたくない案件もあるし、

できるタイミングとできないタイミングがある。

 

でも、子どもにはわからないんですよね~。

 


大人は子どものことまでいちいち言ってくるくらいだから、自分のことは完璧なんだろう・・・


て思うわけですよ。

 

子どもは自分のことで手一杯で人のことを構ったり基本しませんから。

 

でもね、本当は違うんですよ。

人のことだから声をかけるんです。

それに、大丈夫じゃなさそうだから気になって何度も声を掛けるんですよ。

 

 

だって、子どもでも親が大丈夫じゃなさそうだったら、何度も声かけてくれるんですよ。

 

うちの息子は、私が県外に出張するときは必ず


 かあしゃん、もう○時よdouble exclamation


と声かけてくれますもん。

 

 

こないだなんか、


 かあしゃんは忘れ物多いけぇ、気をつけてdouble exclamation


と出掛けに忠告いただきました
(私の特性をよくご存知で・・・)

 

 

過去のこんな記事もご参考に
子どものことがやたらと気になるときどうするか?
すごい発見をしました   人って、構いたいけど何かいい口実が見つからないとき 不安を煽(あお)るよう…

なぜあの人にイライラするのか
  渉 からかわれた? 差別されたの間違いだろ 朔 差別じゃないよ 誰だって小さい子ころは自分と違う…

このへんはね~、本来やるべきことから目をそらせていると自分より人の方が気になりますよ、って話です。

 

 

さて、本題。

気が散りやすい人はつまり
変化に敏感な人
です。

周りの環境が変わるとそれに合わせて変化しやすいという特徴を持っていることが多いんです。


物音がすると、確認せずにはいられないニャ(ΦωΦ)

 

 

だから、

気を散らせないように集中どんっ (衝撃)

よりも、

気が散らない環境を作るひらめき

方がラクに自分を変えることができます。

 

だって、集中ってエネルギーいっぱいいるじゃないですか。

ただでさえ、いろんなことに敏感になってエネルギー使ってるのに、そんなことにエネルギー使ってたら疲れちゃうたらーっ (汗)
 

なので、環境調整が一番です。

長くなったので、続きは次回。

 

 

まとめ

気が散りやすい人は変化に敏感な人

じゃあ、なるべく変化の少ない環境を作ってみるとよしひらめき
 

 

マインドマップや心理学講座などの最新の情報はこちら

588721無題

Line@で1:1トークができるようになりました。
友だち追加

ブログの更新や空き時間のお知らせ、ときどきつぶやきが届きますラブレター
不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

Comments

コメントを残す