2018.12.22

【カテゴリ】子育てのコツ

息子が「学校に行きたくない」と泣いた朝

先日、息子が初めて


 学校に行きたくないあせあせ (飛び散る汗)


と泣いてきました。

(子育てのお役に立てればと思って書いています。

息子をご存知の方がいらっしゃいましたら、息子には内緒でお願いします

 

朝、起きるなり私の布団にもぐってきて、そのまま泣いていました。


いつか、そういうこともあるだろうな~、と思っていたし、

そうやって、正直に弱音を吐いてくれることを嬉しく思ったりして、ゆっくりそのまま布団の中で話を聞きました。

 


 Kくんは、学校行きたくないんじゃね。


 (ぽろぽろと泣きながら)うん。


 どしたんか、言えそう??


 怖いけぇ行きたくない。



 ほうなん。怖いん。

じゃけぇ、行きたくないんじゃね。

何が怖いんか教えてくれる?




 (学校帰りに行く習い事の)クラスが変わったら先生が変わってからね

Kくんは、まだ慣れとらんけぇうまくいかんのは当たり前のことなのに、できてないことばっかり次々言ってくる。

1回で言えばいいのに、1個ずつどんどん言うけぇ、怖い~。




 あ、そう。先生が新しくなったんじゃね。

で、今までの先生とは違う感じなんじゃ。



 うん。もうやめたいし、それが怖いけぇ学校も行きたくない。



 ちょっとよくわからんけぇ、教えてほしいんじゃけど、

その先生が怖いん?それとも、習い事そのものがいやなん?



 先生が怖い。


 ほいじゃあ、先生が違ったら習い事は続けるって気持ちはある??


 うん。ちょっとできるようになってきたけぇ、続けるのはいいよ。



 そうなんじゃねぇ。

できるようになってきたけぇ、続けてもいいかな、って思っとるんじゃね。

教えてくれてありがとうね。



 うん。


 

どうやら、習い事の先生が変わって、ちょっと厳しい先生になったようでした。

しかも、息子にとっては初の男性の先生。

習い事には学校帰りにそのまま歩いて行っていたので、「学校に行ったら自動的に習い事にも行かないといけない」と考えての「学校に行きたくない」だったようです。


朝からどうしたのかニャ(ΦωΦ)

 


 ほいじゃあ、かあしゃんの思っとることちょっと言ってもいい??


 うん。



 今日、習い事に行くか行かんかは、今決めんでいいよ。

じゃけぇ、学校は関係ないけぇ行ってくる。どう?



 うん。わかった。



 で、今日学校終わったらかあしゃんが迎えに行ってあげるけぇ、そこでどうするか考えよう。

やめるかやめんかは、Kくんが決めたらいいよ。

でも、どっちにしろKくんが先生に自分でいいんちゃい。

かあしゃんは、Kくんの味方じゃけぇ一緒におるし、困ったら助けてあげるけぇね。



 うん。わかった。


 

泣いているし、ここまでスムースではないんですが、概ね20分くらいのやり取りでした。

学校に遅刻してもいい、と私は思っていたので時間は気にせず話していましたが

(登校班も時間に来なかったら先に出発するスタイル!!助かる~。)

時間にも間に合って行きました。

 

そのあと、私も情報収集と根回しをしましたが、それはまた次回。

実はこの日の夜の方が大変でした。

 

まとめ

子どもがSOSを出してきたときは

✔ とにかく最後までネガティブ感情を否定せずそのまま聞く。

✔ 反論とか、訂正はあとでOK。(正しいかどうかはその時は関係ない)

✔ 子どもが視野が狭いのは当たり前。

✔ だからこそ、ゆっくり聞いて、事実と想像を分けながら聞く。

✔ 学校に間に合うことよりも子どもが言えることのほうが大切。

ということを大切にしてみました。

続きはこちら
「怖いから行きたくない」の後、母は…
こちらの記事の続きです 朝、息子を送り出した後、 息子と同じ習い事をしているお友達のお母さんに連絡をしました&…

子どもが大人に思いを伝えるとき、母が気をつけること
こちらの記事の続きです。   息子を連れて習い事に行くと、先生が待っていてくださいました。 やるかや…

「言っても無駄だった…」子どものネガティブ感情に寄り添う
  さてさて、これで最終話です。 この夜仕事が終わって息子に   Kくん。今日もお疲れ様。 さっき、…

 

マインドマップや心理学講座などの最新の情報はこちら

588721無題

Line@で1:1トークができるようになりました。
友だち追加

ブログの更新や空き時間のお知らせ、ときどきつぶやきが届きますラブレター
不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

Comments

コメントを残す