2018.10.16

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

こんな人が近くにいたら要注意!

良かれとおもって
 

これほどたちの悪いものはないんじゃないかとさえ思います。

 

 

地獄への道は善意で舗装されている

これはヨーロッパの格言ですが、これに通づるものがあるようにも思えます。

 

子育てをする上で、

 



〇〇してほしい

というのは、なかなか避けることのできない欲求だと思います。

 

これを心理学の言葉で「他者コントロール」といいます。


 

多くの人が

「過去と他人は変えられない」

と知っていながらも、それでもなお


ああなってほしい



こうなってほしい


と頭と心を悩ませているのが現状ではないかと思います。

 

 

この、


わかってはいるけど、つい願ってしまう、要求してしまう


というのはまだまだマシだと言えます。

 

なぜなら、

 

「相手のため!!」と言って、完全に自分の思い通りに操作したいと思っている人は

✔ 自分は正しくて、相手は間違っている

✔ 人は変えられる

✔ 人の行動の動機づけ(〇〇しよう!と思う気持ち)は、本人自身から湧き起こるのではなく周りによって起きる

と信じ込んでいるから。

 

 

こういう人は、本当にやっかい。

 

なぜなら、この人の周りの人はすべて間違った人になってしまうからです。

 

冒頭で紹介したことわざのように

この人の善意にのってしまうとその先には地獄が待ってるかもしれません。

 

もし、こんな人があなたの周りにいるとしたら

早めに距離をとることをおすすめします。

 

 

まとめ

相手に良かれと思って「〇〇しなさい」というときに、「私はこの人をコントロールしようと思っているんだな」と自覚するだけで、全然ちがってきます。

まずは、自分の行動をモニタリングすることから。

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

 

マインドマップや心理学講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す