2018.10.05

【カテゴリ】発達障がいだけど大丈夫

残り25日!!これ、発達障害の子に使えるんじゃないの?!っていうデジタルメモ

 

子どもって、基本的に時計は見ません。

 

時間というよりは出来事という概念で行動しているようなので。

 

でも、親としては時間も気にしてほしい。

 

ていうか、自分自身もメモはするけど忘れることも多い。

それが、チリツモでこんなことになるわけでもあるんですが・・・。

思考の整理には「○○化」が最適!!
動きたいとき、パッと動けますか   今年の私はちょっと動きが遅い感じ。 ‘これも、今年はあんまり稼働&

 

やはり、描いて整理すると実行に移しやすい。

 

で、久しぶりに手帳のバーチカルも復活させて記録をいろいろ取ったりしております。

 

で、見つけたこんなアイテム
あ!忘れてた…を解消!あなたをフォローする気づかせメモ「カクミル」 | Makuake(マクアケ)

「kakumiru(カクミル)」は、これまで経験した「あ、忘れてた&」をなくし、あなたをフォローするために生まれた気づかせメモ です。



これまでの「アナログ」の手書きメモと同様の使い心地でありながらも、書いた内容をアラームで

タスクに対して時間を決めておくのは、それを実行するのにとてもいいことです。

実行可能性が高まります。

 

なので、メモ➕アラームというのはすごくいいアイデア
常々、

 



子どもにアラームを使えるようになってほしいんだけど、スマホは携帯しないし・・・
時計は見ないし・・・
メモも見ないし・・・
普通の時計のアラームは1つしか設定できないし・・・


と思っていたところだったので、早速ポチッとしてみました。

(クラウドファンディングなので、今はお値段高め・・・。

13000円のコースしか残ってなかったあせあせ (飛び散る汗)

届くのは4月ごろ・・・。

 

忘れっぽい、時計を見ない、時間を忘れる、そんな子に合ったアイテムではないかと思います。

ていうか、私に必要・・・。

使ったらまたレビューを書きますね鉛筆
 

まとめ

「気をつける」というのはとてもハードルが高いし、失敗しやすいので、

それよりも、「思い出せる」工夫をするほうがはるかに役に立ちます。

そのために、いろんな機器を使ってみるのは、メガネをかけて目がよく見えるようになるようなものだと私は思います。

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

マインドマップや心理学講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す