思考の整理には「○○化」が最適!!

動きたいとき、パッと動けますか
 

今年の私はちょっと動きが遅い感じ。

1日の流れがスムーズになる、魔法のふせん
今日のポイント 1日を見える化すると タスクが消化しやすい   朝、スマフォの代わりに 手帳を見てい&

↑これも、今年はあんまり稼働してない・・・

 

それ自体は


 そういうこともあるかな~。




そのまま受けとめているつもりではいるんですが、

ちょっとチャレンジしたいことが出てきたりもしたので、

そろそろ動き出したいところ・・・。

 

それに、今年も残り3ヶ月。

 

100日を切ってしまいました。

 

今年は中学3年生を4人ほど見ているので、計画的に進めないといけないのもあり

少し落ち着いてマインドマップを描いて思考の整理をしました。


 

やるべきことがあるとき、つい手当たり次第思いついたものからやってしまいがちですよね。

 

そうすると、どうなるか
 

今年の私のように「目の前の緊急な用事」からやってしまい、

結局、本当に時間をかけて取り組むべきものや、じっくり考えてやるものが後回しになってしまうんですあせあせ (飛び散る汗)
 

なので、ちょっと勇気はいりますが

頭の中を「視覚化目

つまり、見える形にしてから順にやっていく。

 


 

こうすると、遠回りのようでパッと終わるものにはすぐ取り掛かれるし、

見通しが立つので結局時間が短縮できるんです。

(わかってるなら早くやれよ・・・たらーっ (汗)と自分でツッコミたくなる)

 

 

マインドマップを描くと

 自分の思考の偏り

✔ 新しいアイデア

に気づけます。

 

 

例えば

理想的な1日について考えていたら

時間時計の遣い方について見直したくなりました。


 

 



 時間を自分の「よかったな~」と思えることに使うには

やっぱりルールがあった方が結果的に「いい感じ」になるんだよな~。

 

 



 でも、自由に使いたいしな~。

ルールはなんかきゅうくつな感じなんよねぇ~

 

 



 ん
きゅうくつ
もしかして「時間が決まってる」を私はきゅうくつって思ってるけど、これ自体が思い込み
 

 

で、ちょっと「きゅうくつ」について検証鉛筆

 

検証は認知行動療法の考え方を利用しています。

 

「ホント



「ウソ

についてそれぞれ枝を伸ばしていきます。

 

ここで大切なのは、気持ちだけでなく、事実(実際の行動とかできるだけ客観的なもの)について描くこと。

 

ここで、

 



 結果的に「ダラダラ」を自由と思ってたけど「残ったもの」を見ると全然「自由」を得てなかったdouble exclamation
ていうか、そもそも私にとって「自由」ってなんだ
 

って感じになったので、

とりあえず明日からコールドスリープさせていた手帳の「バーチカル」を使って、

仕事だけじゃなくてプライベートも計画することにdouble exclamation
 

 

誰にでも合わせられるように空けておくというのは、時間だけじゃなく自分も「空白」にもなりうるってことなんだな~
 

で、自分にとってなかなか動けないことを考えていたら

自分の中にある「恐怖心」に気づいて、それを描いたらかなりスッキリというか、起こってもいないことを心配することが馬鹿らしくなったので、


 「ネガティブマップ」とか作ったら面白いかもひらめき


というアイデアが浮かんだので、早速マップにメモ鉛筆

と、こんな具合にマインドマップは自分の頭の中を「視覚化」するのに最適なツールです。

 

浮かんできたものをとにかく好きに描きまくる鉛筆ー (長音記号1)
 

見えるとね、大切なものがわかるのです
 

まとめ

マインドマップで思考を視覚化して整理すると、自分の大切なものに気づけます。

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

 

マインドマップや心理学講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

Comments

コメントを残す