2018.06.04

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

学校の授業を自宅でインターネットで見れるってだめかな?

先日、ふとこんなことを思いつきました。


 

今、【お母さんのための心理学講座】というのを月に何回かしています。

詳しくはこちら
2018年5月~ウェブ講座【お母さんのための心理学講座】 | 広島で発達障害・不登校の小学生や中学生向け家庭教師は、きらぼし学舎

 

その時に使っているzoomというウェブアプリがあります。

 

これは、インターネットを使って同時に話したりできる、スカイプとかテレビ電話みたいなものです。

 

こんな感じでね。


これね、パソコンじゃなくてもスマホでもできるんですよ。

 

でね、私はふとこう思ったんです。

 



 パソコンかiPadか、スマホを教室に1台置いて、

それをインターネットにつないで配信すれば

不登校の子でもお家で授業受けれるじゃんdouble exclamation
 

不登校の子って、

別に勉強したくないとかじゃない子がいっぱいいます。

 

教室だとざわざわしていたり周りからの目が気になったりしてぐったりしてしまう子とか

いじめがあって、ある特定の子がこわくて学校に行けれないとか・・・。

 

そういう子って、学校に行けないけど、勉強はしたい。

 

それに、不登校って長くやっていると


もうやだ〜 (悲しい顔) どうせ今更行っても勉強についていけれんし・・・。


って

それまで人間関係のハードルだけだったのが、勉強のハードルも増えてしまう・・・。

なんてことも起きるんです。

 

それに、録画することもできるので(有料ですが)

学習障害の子どもたちにとって家で復習できるのはとってもいいことだと思います。

 

普通に病気で休んだ子も勉強に遅れる心配もないですしね。

 

でも、こういうことを言うとたいがい


考えてる顔 他の子と不公平になるから・・・



考えてる顔 これまで、そういうことはしたことないから・・・



ちっ (怒った顔) それで、ますます学校に行かなくていいや、ってなったらどうするんだむかっ (怒り)


なんてことを言われます・・・。

 

パソコンやiPadで授業の板書をするとかもままならない学校・・・。

 

 



そんなの、定型発達とか発達障害とか関係なく

みんな選べるようにしたらいいじゃんdouble exclamation
 

 

 



学校行きたくない子が増えたら、それは完全に勉強以外のところに問題があるんでしょうがむかっ (怒り)
子どもの学習環境を整えるのは大人の仕事でしょうexclamation and question
それを、やる気とか見えんものにすり替えて、従来のやり方を変えんほうが問題あるんじゃないんねむかっ (怒り)
 

という気持ちです
 

 

これだけ文明が進んでいてもなお、

 

 手で書くこと

 苦労すること

 みんなと同じようにすること

 

に異常に重きを置く社会・・・。

 

スタートラインにさえ立ててない人間に


努力が足りないdouble exclamation



甘えるなdouble exclamation



もっと頑張れdouble exclamation



頑張ろうとしていないdouble exclamation


ってなんで言えるんだろう・・・。

 

それに、学校と家とをインターネットでつないだら

友達との物理的な距離があくこと、自宅という安心感で、コミュニケーションだって取りやすくなるんじゃないかしら
 

事実、今生徒さんのカウンセリングや、大人向けのzoomカウンセリングを試している途中なんですが

直接会って話すより話しやすい子もいるんですね(全員ではありません)
 

それに、直接会ってなくても画面上にその人の顔が現れることで

脳はその人だと認識するという研究結果もあります。

 

リアルの概念がどんどん変わる今。

 

学校って授業って、一体何なんだろうって思います。

 

確かに、YOUTUBEでも勉強動画はたくさんあります。

でも、出席日数とか付けられないんですよね・・・。

 

学校はできることたくさんあるし、権限もあるのに、(だからかもしれないけど)・・・。

まとめ

zoomで家庭教師するかもしれません。

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

 


マインドマップや心理学講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

Comments

コメントを残す