2018.02.05

【カテゴリ】子育てのコツ

子どもがウソをついたとき

久々に息子に説教をしました。

 

というのも、


 めんどくさいんじゃもん


という理由でいろいろなことが先延ばし雷
寝るのは遅くなるわ雷
ごまかしが増えるわ雷
ということでちょこちょこと

 



 あのさ、自由ってやりたいことが好きなだけできるじゃないと思うよ。

気持ちよく、自分のことを好きでおれることが自由だと思うよ。

気になることがあるのに、それを見て見ぬふりして、本当にやりたいわけでもないことをして、あとから他の人を巻きこんでやって、そんな自分が好きでやっとるのexclamation and question


なんて話をしていましたが、

本人も


 確かに先にやっといたほうが、気持ちいいし心もラクなんよね~


とは言いつつ・・・

という感じでした。

 

まあ、こういう話をしながら

 



 かあしゃんもさ~、ついだらだらしてしまって

先延ばしにするクセがあるけえ、Kくんの気持ちわからんでも無いけどね~

今も確定申告ゴニョゴニョ・・・



と自分もふり返りつつ
 

ただ、昨日は親のサインを偽造しているのが度重なったので、一応忠告をしました。

 

私は、自分が無駄に怒ってしまって子どもに


 怒られたどんっ (衝撃)


だけが残らないように、一応の基準を設けています。

 

 

雷軽い注意3回程度

雷それでも変化がない場合、何か失敗をした時に指導。

 

 

 

今回の場合3回ほど時間をおきつつ

雷軽めの注意(最近、サインを偽造しているよね)&見せに来るように指示をしたところ

変化は見られず、軽く受け留めているな、というのがわかりました。

そこで、雷警告&直接的指導までいきました。

 

叱る時は

無表情ではっきりと伝えます。

 

うちの子の場合、軽く冗談めかしていうとなぜか


 あ、決定 (OK)なんだ


と受け止めることが多いので、

あくまでも表情筋は動かさず、淡々と伝えます。

 

 



 Kくんさ、最近サインを自分で書いとるよね。

先月は9回しか大人が書いてないよね。

これはどうしてexclamation and question



 めんどくさいけぇ


 



 めんどくさいけぇ、なんじゃ。

めんどくさいけぇ、さも大人が書いたかのようにサインを自分で書きよるんよね。

こういうの、偽造っていうんよ。

そしたら、そのサインだけじゃなくて「ほんまに音読みしたんか」とか「計算カードも実はやってないんじゃないか」とか、疑われてしまうよ。

そういうの、信用がなくなるっていうんよ。

それでもいいん?

損じゃない?




 はい・・・。



 いや、「はい」じゃなくて、ちゃんとやったところまで「ウソ」なんじゃないかって疑われていいんかexclamation and questionって聞いとるんよ。



 いやだ・・・。


 



 いやなんじゃ。

最近のKくんは、いろんなことがめんどくさいけぇっていう理由だけで

なんかおかしいことになっとらんかねexclamation and question
それって、Kくんのなりたい自分に近づいとるんexclamation and question



 はい・・・。



 いや、じゃけぇ、Kくんはどうなりたいか聞いとるんよ。


この、「はい・・・。」しか出てこない時はまあ、たいてい思考停止状態なので、こっちから提案を。

 

 



 かあしゃんは、Kくんが「手伝って」とか「一緒に考えて」って言ってくれたらやるよ。

例えば、「自分じゃあ難しいけぇ、声かけて」って言ってくれたらそうしてあげるし、

「前みたいにチェックシート作ってほしい」だったらそれもする。




 じゃあ、チェックシート作ってほしい



 わかった。じゃあ、そうしよexclamation


ということで、チェックシートを作成しました。

 


以前も、同様のものを作って連絡ノートに貼っていました。

で、だいぶ無くても達成できるようになっていたので、いつの間にか消滅。

 

ここで、きちんと修了を意識化しておけばよかったな~と思っています。

 

 

前回も連絡ノートに貼ったので、今回も。


ま、先生からも


 朝のお支度がんばろうね!!


って連絡ノートにメッセージが書かれてましたしねあせあせ (飛び散る汗)
 

今回は、最後に

 



 Kくん、ウソにはいいウソと悪いウソがあるとかあしゃんは思っとる。

バレたら困るのは悪いウソじゃないかね。

人が幸せにならんウソは、どんなに誰にもバレんでも自分だけはだませんけぇね。

ちょっとずつ、いろいろ練習しながらやっていこうね。



そんな話をしました。

そして最後に

 



 ちなみにさ~、Kくんが考えるようなズルは、たいがいかあしゃんもやったことあるけぇ。

じゃけぇ、バレるんよ



 えexclamation and questionかあしゃんもそうだったんexclamation and question



 うん。なんでわかるんじゃろ~、って不思議だったexclamation and question


 



 うん。なんかの魔法かと思っとった。

心理学ってすごい!って思っとった。



 

確かに、心理学はすごい
 



 けど、まあ、かあしゃんは、心理学は人を見抜くためにはあんまり使っとらんかな。

それよりも、どうやったらうまく分かり合えるか、とか、どうやったら自分をコントロールできるかに使っとるかな。



なんてことをつらつらと話ました。

 

子どもがウソをつくって結構な社会性だと私は思っています。

同時に、生きるチカラがついてきているとも。

 

だから、「ウソをついてはいかんどんっ (衝撃)」とはいいません。

つくなら、人が幸せになるウソを。

つくなら、絶対にバレんウソを。

とは思います。

 

あと、すぐにの変化は求めず、

ウソをつく、そうするには何らかの困り感や、うまく良いパターンが構築できてないんじゃないかと考えます。

 

一応、性格に結びつけないように気をつけているつもりです
 

ま、ウソをつくくらい成長したってことですね~。

この辺も、あとで落ち着いてから伝えます

まとめ

子どもがウソをつくのは、社会性の現れだと私は考えます。

そして、その裏にあるうまくいってない何かを気にしてみます。

それから、協力できることを提案します。

性格には結びつけないように気をつけます。

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

マインドマップ講座の予定は近日公開します。


マインドマップや心理学講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す