2018.01.26

【カテゴリ】子育てのコツ

「やりなさい!」と言わなくてもやるようになった!!その訳は…

環境を変えることで、人は行動が変わります。

 

今日はそんな例を1つ。

 

 

息子は8歳。

小学2年生です。

こんな風に、押し入れを改造してベッドを作ってます。


5歳のときに・・・

かれこれ3年前・・・。

 

『自立に寄り添う』
雨が降って雷がなると心がざわざわします。広島市で不登校・発達障がいグレーの子どもさんの成長と自立をサポートする「きらぼし学舎」希恵です。対象となる子どもさんは&

『30分の自立』
あの夜から1年。広島市で不登校・発達障がいグレーの子どもさんの成長と自立をサポートする「きらぼし学舎」希恵です。対象となる子どもさんはこちらこんな子どもさんの&

 

こんな風に、一人でも寝られるようにしていたんですが、なかなか一人で寝ようとはせずあせあせ (飛び散る汗)
たま~に、私の帰りが遅いとか待ちきれずに、寝ていることはあったんですが、これまでず~っと川の字に寝てきました。

 

それが、最近になって一人で寝るようになってきましたdouble exclamation
 

1週間のうちに3日くらいは一人で寝ていますどんっ (衝撃)
 

一言も


 一人で寝たらexclamation and question


なんて言ってません
 

何をしたかと言うと、

 

 

Before

親の布団をあげる時、この押し入れ部分に入れていた。

→ つまり、一人で寝ようと思っても親の布団がじゃまで寝られない。

 

 

 



After

親の布団を押し入れ部分に上げるのをやめた。

→ つまり、いつでも、寝ようと思ったときに一人で寝られるようになった。

 


 

タイミングもちょうど良かったのかもしれませんが

口うるさく言ったりしなくても、

本人が自分のやりたいタイミングでいつでもできるように環境を整える・変えることで行動が自然と変わる、という例となりました。

 

私達大人は、つい自分たちの都合で子どもの行動を制限したり、本当にやりたいことや自立なんかを妨げているのかもしれません。

 

子どもが甘えて困る、とか

子どもの行動が全然変わらない、とか

そういうときには、環境の変化をするときなのかもしれません。

まとめ

知らず知らずのうちに、親の行動に合わせて、子どもを振り回しているのかもしれません。

子どもは、他を知らないから「そういうもんだ」と思っていたりします。

何か、変えたい時に人間を変えるのではなく、環境を変えることも選択肢に入れてみてください(*^^*)

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

こちら、あと2つお席あります!!

東京及び近郊の読者の皆様へ。
私の読者NO.1都道府県は、東京都の皆さんです。 12月の一ヶ月の間に、日本の読者の方の閲覧が5056。 で、&

 

 

マインドマップや心理学講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す