2018.01.25

【カテゴリ】発達障がいだけど大丈夫

誰にでも読みやすい書体知ってますか??

昨日のこちらの記事

LD(学習障害)が「あさイチ」で取り上げられた!!
2018年1月24日の「あさイチ」の特集が「LD(学習障害)」でした。   学習障害とは 知的な遅れ&

LD(学習障害)についてお知らせしたんですが、

その中で、「ユニバーサルデザイン書体」が紹介されていました。


 

そういえば、Officeを新しくしたときに

なんだか書体が増えたな~って思ったんですよねあせあせ (飛び散る汗)
 


 そういうことだったのか~


とすごく納得しました。

 

で、その「読みやすい書体」というがこちら

 

青色で囲んだものが「ユニバーサルデザイン書体」です。

 

ひらめき 角が丸くコントラストがゆるやか

ひらめき 空間やすきまが大きく、線と線がくっついているのか離れているのか判別しやすい。

ひらめき ゛(濁点)や゜(半濁点)が大きく、すきまもあいていてわかりやすい。

 

 

という特徴があります。

 

パソコンのワードで書体を選ぶときにはこんな風に表示されています。


 


青色で囲んだものが「ユニバーサルデザイン書体」です。

横書きでも見やすいです。

UD 教科書体を選んでいます。

 

こういうのって、LDの子どもさんだけでなく日頃書類やブラウザを見ることの多い人たちにとっても

その負担を軽減すると思いませんか??

 

手すりのない階段よりも、手すりのある階段の方が登り降りしやすいように、

段差よりもスロープの方がつまづきにくいように、

わかりやすい、使いやすいというのは誰にとってもいいんじゃないか、という福祉の考えがあります。

 


(私、実は人間福祉学科卒でして・・・。こういうのちょこっとだけ勉強してます)

 

この、「ノーマライゼーション」の考え方がもっと広がるといいな、と思います
 

特に、学校や官公庁は書類が多いので、こうやってちょっと書体に気をつけるだけで助かる人はたくさんいるんじゃないでしょうか?

 

というわけで、私も今週末の講座のスライドの書体を変えてみました

 

ちょっと新鮮です
 

まとめ

「ノーマライゼーション」という障がいの有り無し関係なく、誰でも住みやすい社会を目指したいものです。

まずは、書体から。

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

マインドマップ講座を1月28日(日)東京でやります。

キャンセルでました!!まだ間に合います
詳しくはこちらから
東京及び近郊の読者の皆様へ。
私の読者NO.1都道府県は、東京都の皆さんです。 12月の一ヶ月の間に、日本の読者の方の閲覧が5056。 で、&

大阪は盛況のうちに終了いたしました!


マインドマップや心理学講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

Comments

コメントを残す