イベント・セミナー

2018.01.15

【カテゴリ】子育てのコツ

小学生の「毎日をゲーム化」プロジェクト

ゲーミフィケーションって知っていますか
 

日常の様々なことにゲームの

 


 もっとやりたい
 楽しい
 できることが増えてきた
 

という要素を日常の教育とか仕事とかお商売とか、そんないろいろなことに入れてみよう
というものです。

詳しくはwikiでどうぞ。

ゲーミフィケーション – Wikipedia

 

でね、冬休み前のちょうどこういうのを話していた時期に

小学2年生の「勉強して、何の役に立つん?」に全力で答えてみた。
 勉強して、何の役に立つん さあ 次のミッション来ましたよ~   小学2年生(8歳)の息子は近頃、こ&

小学2年生の「なんで学校行って勉強せんといけんのん?」に全力で答えてみた。
先日、息子が  なんで学校行って勉強せんといけんのん? と聞いてきました。 お昼にこの番組を見たようです &n&

 

息子


 Kくんさ~、ゲームだったらやる気になるんじゃけど、宿題とか勉強とかピアノの練習とかはっきり言ってそんなにやる気にはならんのよね~。


と言っていました。

 


 あ~なるほどね~


と、話をしながらこんなマップを作ってみました

 

使ったのはこちら
imindmap kidsを使ってみた
クリスマスプレゼントに ipadを買ってもらいました。   スマホはAndroid派の私。 &nbs&

 


 ねぇねぇ、ゲームってどんなところが面白いん


とか

 



 毎日学校行ったり、いろいろあるじゃん。

そん中でつまらんな~ってことは何なん



 ほんじゃあ、逆に面白いことは


と聞いていきました。

 

で、私がゲーミフィケーションの要素を抑えて枝を伸ばしていきました。

 

例えばこんな感じ
 

 自分の成長度が見える

 頑張るとごほうびをゲットできる

 成長の度合いに応じてできることが増える

 ミッション

 

 

おそらく、一番の違いは
自分が頑張ったことが見えにくい
ここじゃないかと考えました。

 

で、

 

ひらめき ポイント制にする

ひらめき デジタルで記録する

 

と考えてみたんですが、ここがはっきり言って手間のかかるところ。

 

ゲームだと自動的にプログラムされていて、やればそれだけで自動的に経験値がアップグッド (上向き矢印)していくので、特に気にしないでいいんですね。

 

だけど、生活ってここがわかりにくい。

しかも、自動的には加算されない・・・たらーっ (汗)
 

そこでちょっと生活を考えてみました。

 

息子にとって頑張っていること

 

 学校

 宿題

 ピアノ

 お習字

 

 

共通点は全部紙ベース。

 

なので、こんな箱を準備。

 


100均の整理ボックス。

ここにやった宿題プリントやノートをためていきます。

それだけでたまった量が全部息子の頑張って手に入れた経験値グッド (上向き矢印)として見える化する。

(しかも年度末に捨てるのもラクじゃんるんるん (音符)

 

さらに、5㎝ごとにめもりを書いてごほうびを設定

5㎝で

朝マック🍔



息子のお気に入り、インド人のやってる本格カレー屋さんに行く🍛

 

最後には大好きなお寿司🍣を設定してみました。

 

この辺は息子と相談しながら決めました
 

早速冬休み前のプリントとか、使い終わったノート、お習字で書いた清書などを詰めていました。


 

我が家では年齢=レベルなので

4月にお誕生日が着たらレベル9にアップグッド (上向き矢印)です。

 

その時は、「できること」の自由度が少しアンロックされる。

そんな感じで考えています
 

以前だったら、


 これ、どうしたらいいん


と聞いてきていた、使い終わったノートや返却された宿題プリントやテストは大事な経験値となったので、

冬休みが終わってからはいそいそとこの箱に詰めいています
 

先日、めでたく5センチを突破したので、朝マック🍔に行きました車 (RV)
 

 

 

まとめ

毎日の生活にゲームの要素を取り入れると、モチベーションが上がるかもしれません。

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

マインドマップ講座を1月東京でやります。

詳しくはこちらから
東京及び近郊の読者の皆様へ。
私の読者NO.1都道府県は、東京都の皆さんです。 12月の一ヶ月の間に、日本の読者の方の閲覧が5056。 で、&

大阪は盛況のうちに終了いたしました!


マインドマップや心理学講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

Comments

コメントを残す