2017.12.08

【カテゴリ】発達障がいだけど大丈夫

忘れっぽい子の自分で気づける工夫【中学生編】

忘れっぽい子にもいろいろいますが

この生徒さんはどちらかと言うと


がまん顔 ちゃんとしたいのにちゃんとできないdouble exclamation



がまん顔 すぐ忘れてしまうdouble exclamation



がまん顔 こんな自分はイヤだdouble exclamation



がまん顔 でも、どうしようもできないdouble exclamation


 

というような感じで

不注意+ちょっと真面目+自信のなさ+知的好奇心旺盛+語彙多め+言語的理解力高め

です。

 


げっそり (顔) 勉強ができない


 

というので

できない理由をどんどん出してもらって

仕分けすると

そのほとんどが先生が言われた内容を


 記録していない


もしくは


 記録がなくなってしまう


ことが原因なので

 


ひらめき 記録を一つにまとめるためのなんでもノートをつくる


ことでほとんどなんとかなりそうでした。

 

 

 

さて、どの生徒さんにも言えることですが

やはりいちばん大切なのは


自分で自分をコントロールできる方法を身につけること


そして、

 



ひらめき コントロール方法がかんたん

ひらめき 道具がほとんどいらない

ひらめき すぐにどんなときでもできる

ひらめき 学校に合法的持っていける



ことが大切です
 

 

その子にはペンケースに入る大きさの

モレスキンのノートをあげました
 


 これはね、ピカソも使っとった結構お高いノートなんよぴかぴか (新しい) (友達にもらったんじゃけど)


こういう、ちょっとテンションが上がるようなことばもかけますひらめき
 

自分で書く内容を決めてメモしていました。

 


 

試験前の提出物の一覧表も印刷して貼ります。

これは、私がセッション中に作っています。


 

見開きの一番初めのページには自分への戒めを書いていました

 

こういうのをスマホの待受け画面にしている子もいます。

 

まあ、学校に携帯は持っていけないのでノートです。

 

忘れにくくする一例でした
 

まとめ

「忘れない!」とか「気をつける!」というのを目標にするのは無意味です。

それより、「忘れない工夫」とか「忘れても大丈夫なしくみ」を作って、自分で回していけることの方が何倍も重要です。

そういう、考え方、工夫のしどころなどを一緒に考えています。

基本的な考え方はもちろんレクチャーしますが、こういった工夫は自分でやってみることがとても重要です。

そして、一度決めたものを実行するときは「お試し」と称して実行します。

なぜかいつも崖っぷちに追いやりたい大人がいますが、(「いい?これが最後のチャンスよ!!」とか)

正直言って、意味ないし、なんでもトライ・アンド・エラーが当たり前です。

「してみてうまくいかなければ、もう一回相談してまたあらためてやってみよう。」

そういうことで、子どもにとっても負担なく試してみることができます。

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

マインドマップ講座を12月大阪【満席)、1月東京でやります。

 

詳しくはこちらから 【マインドマップ講座】2017年11月~2018年1月 | 広島で発達障害・不登校の小学生や中学生向け家庭教師は、きらぼし学舎

 

マインドマップや心理学講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

Comments

コメントを残す