イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2017.10.13

【カテゴリ】子育てのコツ

あなたの子どもがはっきり自分の意見を言わない理由

先週のことです。

 

3連休が始まる前、息子(8歳小学2年生)にこんなことを言いました。

 

 



 Kくん、土曜日は地域のお祭で朝からお神輿ね。

日曜日は芋掘りで、

月曜日はお友達のお家に午後から遊びに行くよ~るんるん (音符)


 

すると息子がこんな風に言ったんです。

 

 



 かあしゃん、Kくんのせっかくのお休みが全然お休みじゃないじゃん。

大人の都合ばっかりじゃん。

Kくんはいつ好きなことやっておやすみできるんexclamation and question


 

 

わお
 

ちょっと反省しました。

 

そうだよね。

子どもだってお休みの日は自由にお休みしたいよね。

 

結局、私の勘違いで

お神輿が日曜日で芋掘りはキャンセル、

土曜日好きなことをしてたっぷり休んだ息子だったんですが、

私は自分自身を少し反省しました。

 


 土日にゆっくり休みたい人をあれこれこちらの都合で連れ回すのは悪かったな~


 

とまあ、こんな具合にうちの息子

自分なりの考えを持っていて

それを臆すること無く親(私)に伝えてくるな、と思います。

 

授業で感想を書いたり、

相手の立場になって考えてみよう、といった問題については難しいようですが

(どんなことを書くといいのかなかなか思いつかないとか、本当にそれでいいのかわからないとか、相手の気持ちなんてわからんでしょ、とかいろいろあるらしい)

 

自分なりの意見や考えは持っているようです。

(思い浮かぶのと書けるのはまた別なので、こんな方法がいいかも

よくしゃべるのに、文章を書くのが苦手な子へのサポート
おしゃべりは上手なのに 作文や日記を書くとなると  何書いていいかわから~ん となる子どもさん。  &

 

 

自分の意見を持っていない・言わない子の特徴として


がまん顔 イヤだ
と言わない代わりに

 

 



・動こうとしない

・なんとなくスルーする

・当日になって部屋から出てこない・起きない



という周りが諦めるという方法で

自分の意思を伝えてくる子どもさんがいます。

 

こういう子たちは

親が言うこと、先生が言うことに対して

一見肯定的に受け止めているように見えます。

 

なんせ、拒否とか否定とかしませんから。

 

でも、やらないんです。

 

動かないんです。

 

そこではじめて大人は諦めることになります。

 

 

こういう子どもさんの親御さんの特徴は

 



・まじめ

・心配性

・子どもが責任や自立を学ぶのを待つことよりも、他者への迷惑を考える

・賢い

・提案型

・よくしゃべる(伝えたいことがたくさんある)

・勉強熱心

・情報収集をよくしている

・想像力豊か



と、こんなかんじです。

 

カウンセリングしていても

熱心でとっても良いお母さん・お父さんばかりです。

 

でも、子どもはなんだか煮え切らない。

 

この背景には、親の

 



 こうしたらいいんじゃない
 ああしたらいいんじゃない
 お母さんだったらこうするな

 ○○したらあなたにとって良さそうよ。

 あなたが好きなのはこれでしょ。

 ○○するよね


ということばがけ+断れない雰囲気があります。

 

言葉自体は悪くないんです。

断ることができたり、自分の意見を言う権利が保障されていれば。

 

 

でも、たいていの場合、

 



ボケーっとした顔 親も悪気があってやってるわけではないし

ボケーっとした顔 自分の意見を押し通すのもエネルギーがいるし(多分無駄だからめんどくさい)

ボケーっとした顔 どうせ、自分の意見は聞いてくれんのんでしょ。

ボケーっとした顔 親がやりたいことしか認めんのんでしょ。



と子どもは考えて、

とりあえず否定はしないけど、肯定もしない。

 

いざとなったら無視したり、動かないことで嫌だったことを示す

という行動にでるのです。

 

 

子どもの意見、聞く準備ができていますか??

 

子どもにだって断る権利があるんですよね
 

 

かく言う私も、先日息子が遊ばなくなったおもちゃを友達の息子さんにあげようとして、


 Kくん、あれもう遊んでないけぇ、○○くんにあげていいよね


と聞いてOKをもらっていたんですが、

いざあげようと玄関先に出したら



 


 かあしゃん、あれどうするん


と言ってきて

 



 えexclamation and question ○○くんにあげようと思っとるけどどしたん
今ならまだ間に合うけど。



と言ったら

 



 まだ間に合うんならあげんとって。

Kくん、遊びたいdouble exclamation


と言い出し、

友達に連絡した後だったし、嫌だったけど

かなりの葛藤の末

しばらく時間をもらってもう一度気持ちを確認して


 じゃ、ごめんね。やっぱりあげられんわ~。って言っとくね。


としましたたらーっ (汗)
 

そう。

私も、子どもにこっちの思い通りにしてほしいという気持ちがあるんです。

単に確認したこと、自分がすでにこうすると道筋を立てていたことを変更するのが嫌だったんですたらーっ (汗)
 

 

そんなこんなで私も格闘しながらですが、

でも、「嘘はつかない」というのをモットーにしているので

「今ならまだ間に合う」と言ったので、子どもの思いを尊重しました。

 

というわけで、断れる雰囲気大事です
 

まとめ

自分の意見を押し付けているつもりがなくても実は押し付けていること、断れなくしていることが結構あります。

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

【LINE】お友達募集中!

友達になっていただくと下記のような情報が届きます!

  • ・教室のイベントや空き時間
  • ・お休みのお知らせ
  • ・ときどきつぶやき など

ぜひお友達登録よろしくお願いします!

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

不登校・発達障がいの子どもの
個別指導塾きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

コメントを残す