2017.09.29

【カテゴリ】発達障がいだけど大丈夫

bとdの区別がつきにくい子どもにこうやって教えてます。

中学生から本格的に始まる英語。

ここでつまづく子どもさんも多くいます。

 

まず、bとdの区別がつきにくい、

ついても覚えにくい子どもさんがいます。

 

そういう子どもさんには私はこれで教えています。

 

 



ねぇねぇ、○○ちゃんはベッドでねとる?

それともお布団?

ベッドってこう書くんよ。




 


ここに人が寝るよね~


 


 


でも、これじゃったら寝れんよね~たらーっ (汗)

 

 


わからんときは、自分で書いてみたらわかるけぇね


 

これ、何かの本でこうやって覚えたという記事を見てそれ以来こうしています。

 

結構うまくいきますよ
 

 

私の教え方は、解き方を教えるというのももちろんやるんですが、

わからなくなったときに、戻る場所(ホームポジション)を大切にしています。

 

そしたら、自分で解き方を導き出せるから
 

まとめ

自分で解ける・わかるのためにわからなくなったときに戻る場所を教えてあげておくと、自分でわからなくなったときにきっかけを作ることができます。

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す