2017.09.27

【カテゴリ】その他

聞いてびっくり発明家の子育て(片付けない子ども編)

子どもって、基本面倒なことはやらない生き物です。

 

というか、人間は基本面倒なことはやらない生き物です。

 

大人の場合、子どもの手前ちゃんとするってこともあるんじゃないでしょうか
 

以前、息子の服をたたむのが面倒で

(夫のはすでにたたんでないたらーっ (汗)


 かあしゃんさ~、もうKくんのお洋服たたむの卒業するねっ


と勝手に卒業して、

息子の服は取り込んだ洗濯物用のバスケットに放置。


 


畳んでね


 

と言うのも控えていたんですが、

やっぱりジャマだし、気になる・・・たらーっ (汗)
 

結局、私が気になってたたむことに・・・たらーっ (汗)
 

息子は全く気にせず、

カゴの中からお目当ての服を引っ張り出して着る、という

一番ラクな方法をとっていました・・・
 

亡くなった祖父の

 
ボケーっとした顔 我慢できん者がするのぃの。(世の中、我慢できない者がするようになっている)
 

という諦観の境地に達したようなことばを一人思い出すのでした・・・。

関連記事
『「私ばっかり」になる理由』
こんにちは。広島市で思考の整理をお手伝いするライフファシリテーター・ライフオーガナイザーのkieです。「何で、私ばっかり」と思うことないですか?「私ばっかり片&

 

とまあ、こんな風に

子どもは片づけるようにはあまりできていませんよねあせあせ (飛び散る汗)
 

 

理性的な脳が育っている途中でもあるので、

 見える所に置いておきたい

 見えないと忘れる

 出したものには興味がない

そんな特性があるようにも思います。

 

 

そんな時は、習慣化
 

考えなくても、

「そうやるようになっている」

という流れとして行動が身についているといいですよね。

 

例えば、

車に乗る⇒シートベルトをする

というように。

 

で、前置きが長くなりましたが・・・

9月30日の講演会に来てくださる発明家の北村由佳さん

お片づけについてお話を聞いたら

もう、それだけで面白い
 

 

そしたら、

 


 

とこんな風に言ってくださいました~!!

 

講演会の詳しい内容・お申込みはこちら
意味不明な男子の操縦法・働くお母さん向け講座 【講師 北村由佳さん】 | 広島で発達障害・不登校の小学生や中学生向け家庭教師は、きらぼし学舎

 

9月30日の第2部でさらに時短家事についてお話いただく予定です。

 

その一部をちょっとご紹介
 

これ、お風呂の足ふきマット足

 

 ん  なんで、ハンガー付き
 

手間なしで

1回で片づけられるようにしているそうですよ~ひらめき
 


 

 

相手は宇宙人人影(と同じくらい意味不明な子どもたち)

もちろん、価値観も違いますから。

 

キレイぴかぴか (新しい)
とか

丁寧ぴかぴか (新しい)
とは違う価値観を持っていますよねあせあせ (飛び散る汗)
 

そこに合わせつつ

やってほしいことも

(この場合だと「お風呂のマットは使ったらかけてほしい」)

達成させるのがポイントなんですね~。

 

9月30日の講演会ではその発想の秘密に迫っていきますdouble exclamation

まとめ

宇宙人並に私達とは違う価値観をもつ子どもたちは
お片づけという概念がそもそも違っているのかも?!
複雑なことはできない、面倒なことはやらない!!
じゃあ、どうする?!
発明家ならではの視点からお片付けと時短家事をおききします
 

講演会の詳しい内容・お申込みはこちら
意味不明な男子の操縦法・働くお母さん向け講座 【講師 北村由佳さん】 | 広島で発達障害・不登校の小学生や中学生向け家庭教師は、きらぼし学舎

9月30日の第2部でさらに時短家事についてお話いただく予定です。

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す