2017.10.18

【カテゴリ】子育てのコツ

子育て中のお母さんのお悩み1位は?!

こちらの記事によると

子育ての悩みランキング
子育ては楽しく!をモットーにしていたって、どこのおうちにも一つや二つ、悩みや気がかりなことはあって当然。そこで小さな子供を持つ、子育て真っ最中のチビタス読者に、いま抱えているお悩みを打ち明けてもらいました。「それって、すごくわかる」と思うコメントが出てくるかもしれませんよ!

 

子育ての悩みの第1位は


わかっているけどついイライラ


だそうで。

 

それって、子育てっていうより自分の話だよね
と思いつつ。

 

わかる~
とも思ったり。

 

私も、イライラすることはありますし、

以前はもっとしょっちゅうイライラしていたので

わかりすぎるくらいわかります。

 

 

止められないんですよね。

一回導火線に火がついたら。

 

 



 前のことを持ち出したらいけないってわかってるけど言ってしまうあせあせ (飛び散る汗)
 怒らずにいたいんだけど、おさまらないあせあせ (飛び散る汗)
 一度怒り出すと止められないあせあせ (飛び散る汗)


 

そんなお母さんばかりです。

 

先週土曜日は「可部の町めぐり」にて

「子どもへの声かけ 子育てワークショップ」をさせていただきましたハートたち (複数ハート)

 

そこでも同じようなお悩みを聞きました。

 

他にも

 



 兄弟で全然タイプが違う

 心の広い母になりたい

 上手に子どもの思いを聞き出したい



などなど。

 

1時間では全然足りなかったです
 

私の尊敬する児童精神科医の故 佐々木正美先生は

最初は自分の欲求、欲望、期待に共鳴してくれる他者のイメージを自分の中に取り込むのであって、母親ないし母親代わりの人がその役割を負うが、そのようにして自己のイメージ、自分は価値ある存在だというイメージを作っていきながら、

(家族支援士養成通信講座テキストⅠより)

とおっしゃっています。

 

子どもたちは親を通して

自分は価値ある存在だというイメージを作っていくのです。

 

では、それを家庭での実践レベルにまで落とすと

私達大人が


 私って価値があるんだ



 私は存在してていいんだ


と思えるときとさほど変わらないと思います。

(というか、大人でもそう思えることって少ないですよね。)

 


 じゃあ、それってどんなときでしょう


とみなさんに考えていただくと


 「ありがとう」とお礼を言われたとき
とみなさんおっしゃってくださいました。


 

そうなんですよね。

自分が役に立っているという感じ

自分はこれでいいんだという感じって

そういうところですよね。

 

なので、

「すごいね」

「えらいね」

もいいんですが

「ありがとう」を

伝える機会を大人が仕組みを作っていくということも

大切じゃないかと思います。

 

 



 今日も元気だね。うれしいよ
 

これでも十分に「ありがとう」だと思います。

 

もっと大人がお互いに「ありがとう」とか

「うれしいよ」とか

伝えあっているところを見せるのが一番いいかもしれません。

 

「ありがとう」を少し意識する

そして、

むやみやたらに我慢しない。

その代わり

あれ?と思ったらそのまま素直に聞いてみる。

 

それが

イライラしないコツだと私は思います。

 

 

あとね、

イライラしているときは

イライラしている自分に慣れています。

そういうときは、すぐスイッチ入れる準備をしています。

 

こちらの記事も参考に
ホントは怒りたくないママ必見!思わず笑いがこぼれる効果的な「○○しなさい」の伝え方
今日のポイント   どんな子どもでも マネするのは 親の 言っていること < やっていること (言っ&

 

親って子供のことをわかっているようでわかっていません。

 

子どもにとってうれしいのは

どんなときなんでしょう
 

子どもにとって

言われて嬉しいことばは何でしょう
 

ぜひ、聞いてみてくださいね
 

ちなみにうちの息子に聞いたところ

言われて嬉しいことばランキング1位は


大好き揺れるハート


元気になることばランキング1位は


がんばって~double exclamation


悲しいことばランキング1位は


あっち行ってdouble exclamation


なんだそうですあせあせ (飛び散る汗)
 

時々、まとわりつくのが邪魔で


 ちょっと、あっち行ってdouble exclamation


言ってますたらーっ (汗)
 

気をつけます

まとめ

子どもが「自分は価値ある存在だというイメージ」を持てることばがけをすることが大事です。

そのためには、大人がお互いにそういうことばがけを増やすといいのかも。

子育てで何が難しいって、自分をコントロールするのが本当に難しいです。

でも、行動を決めているのは自分なんですよね。

子どもをガミガミ叱っているときに、近所の人と出会った瞬間にこやかな笑顔を作って「お早うございます」と言った自分に気づいたとき、それを身をもって確信しました。

完全に怒らなくなるのは難しいですし、怒りも必要な感情なのでそれは目指さなくて良いと思いますが、怒りを減らすことはできます。

 

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す