イベント・セミナー

気になるキーワードを
検索してください!

2017.09.16

【カテゴリ】発達障害

学校の先生、口頭試問じゃダメですか?

私の生徒さんでLD(学習障害Learning Disorders)の子がいます。

(私はLearning Differentsだと思っています。)

 

小学校の間は4年生から特別支援教室で学びました。


(ジャンプしながらだと比較的文章がつっかえずにすらすら読める

 

中学校からはコミュニケーションには問題がなく

普通教室の友だちもたくさんいるので、

悩みつつ、迷いつつも

特別支援教室ではなく普通教室を選びました。

 

また、広島市の場合

特別支援教室では成績が文章になって5段階評価とはなりません。

 

受験の事も考えてそうしました。

 

その子は、字を書くとか読むということが

とても時間もかかるし

なかなか覚えられないので

読めない・書けないということがたくさんあります。

 

少しずつ漢字を覚えて今小3の漢字を少しずつ覚え始めたところです。

 

疲れやすく、集中力を保つのにも

かなりのエネルギーを要するので

授業を受けるのも一苦労です。

 

私の実践の工夫はこちら

【学習障がい】学習障がいってこんなこと
「どうして、あえて発達グレーの子の 家庭教師なの?」 私も、家庭教師を始めた時は いわゆる普通の子 「定型発達&

【学習障がい】お困りごと別、学び方 まとめ
子どもさんの 読み書きに難しさがあると 心配ですよね 読み書きや 計算 図形など 極端にできないとき LDであ&

【学習障がい】図形の苦手な子向け教材
自分の内なるものも 外なるものも、 見ているものを 変える必要はない。 ただ見方を 変えればいいのだ。 - タ&

 

 

それでも、

小学校のときより数段に授業を頑張って受けています。

 

ノートも頑張って書いています。


中学校になると

各教科で先生が全て違います。

 

当然ですが、先生の対応もまちまちです。

 

なので、入学前に学校とは何度も話合いました。

私も同席しました。

 

学校ははっきりと


 ◯◯の時は△△という対応をお願いします。


と言うと、おおむね
ほっとした顔 それはできます。
考えてる顔 それはできかねます。
と教えてくれます。

 

ただ、中学校でどんなことがあるかは未知数の部分もあるので

入ってみないとわからないこともたくさんあります。

 

 

その子の場合、注意が散漫だったり

書き漏らしがあったりで

時間割と提出物忘れが多いので、

先生と相談して1週間分の時間割と各曜日の提出物を

あらかじめもらえることになりました。

(中学校の時間割は2週間程度早めに出ている事が多いので

急な時間割変更以外は事前に聞くことができます。)

 

こんな感じです

 

 

 

また、テストにはふりがなをふってもらえることになりました。

「漢字で書きなさい」と指定されている問題以外は

ひらがなで回答しても良い、と言ってもらいました。

 

授業は本当に頑張って、

ノートも書いていますし、授業の内容を聞いたら

結構理解しているので答えることもできます。

 

 

でも、文字を書くのが大変で

一文字を思い出すのにとても時間がかかります。

 

その子にとって、

テストという時間の中で

一文字一文字拾って読んで、

回答欄に文字を書くのはかなりの労力を要することです。

 

わかっていても

書けないこともあるようです。

 


聞いてくれたら答えられるのもあるよ。


とその子は言います。

 

 

 

その子のような生徒に対して


 ○○はお願いできませんか?


とお願いした時、

学校の先生からは

危険・警告 (!) 他の生徒との整合性が取れない

危険・警告 (!) 評価が平等でなくなる(不公平になる)

危険・警告 (!) みんなと違って恥ずかしいのはその子じゃないか?

そんな風に言われることがあります。

 

確かにわからんでもないけど、

 

私の考えは、

 



他の子の中にも困っている子がいればやればいいじゃん。

選べばいい。



なんです。

 

全員同じであることを重視しすぎているというか

全員同じ条件でないというのは認められない、そんな考えがあると感じます。

 

いやね、先生の手間も分かるんです。

私もやってましたからね。

 

成績をつけるために

テストの点数を細かく分けたりしないといけませんし、

(今は、昔と違って観点別評価になっているので

テストも提出物も分類して評価しないといけません)

 

 

また、何人かの先生で分担して1つの学年を受け持っている場合

それぞれの先生でバラバラな評価基準で成績をつけることはできません。

 

なので、なるべくわかりやすく単純な評価基準になります。

 

提出物も同様です。

 

そんなことを考えると、

すごく手間だし大変なんですが

別室で口頭試問とかできるといいなと思うんです。

 

その子はわかってないんじゃない。

でも、書けない。

 

理解を示す表現方法として書けるというのが大事なのかな?

そんな風にも思います。

 

 

目が悪い人に

パンチどんっ (衝撃) 「努力が足りないから見えないんだ!」

なんて言いますかねexclamation and question
 

それは、メガネ眼鏡をかけて見えるようになればいい、って

言うんじゃあないんでしょうか。

 

学力をつける

理解の度合いを測るという

目には見えない、

結果も出づらいとても難しいものを扱っている

 

 

だからこそ、

いろんな測り方を検討してみないと

これからの学校の意義ってなくなっていくんじゃないでしょうか。

 

 

もちろん、

LDだからって何も努力も工夫も要らないというわけではありません。

 

その子だって、

忘れ物をしない仕組みを工夫が必要ですし、

授業中に集中できるように自分を観察したり、

日々の生活リズムを整えたり、

必要なことはしなければいけません。

 

そういうことも

先生と生徒、保護者、専門機関が一緒に相談しながら学校生活を

送っていけるといいなと思います。

 

よかったら、こちらのブログも読んでみてください。

横川でいろいろな子どもさんの学習と成長をサポートする塾です
『本当に大切なことはなんですか? ※長文です。』
こんにちは。 広島市西区横川3丁目のひばり塾です   9月も3週目が過ぎようとしています。中学校は定期試験シーズンです&

 

子どもたちの心の灯台になれたらな。と思います。


まとめ

ペーパー試験以外の選択肢があれば
理解していること、覚えていること、伝えたいことを
表現できる子どもがいます。
学校という制限の多い場所で
彼らは日に日に自信をなくし、自分は勉強ができないバカな人間なんだと思っています。
学力を測るという難しさを一旦立ち止まって考える、そういう時期に来ているんじゃないでしょうか。

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

【LINE】お友達募集中!

友達になっていただくと下記のような情報が届きます!

  • ・教室のイベントや空き時間
  • ・お休みのお知らせ
  • ・ときどきつぶやき など

ぜひお友達登録よろしくお願いします!

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

不登校・発達障がいの子どもの
個別指導塾きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

Comments

コメントを残す