2017.09.04

【カテゴリ】子育てのコツ

他人に対して失礼な態度を取っていた子の本当の気持ちとは・・・??

子どもの様子を見ていて


 その言い方はないんじゃない


とか


 そんな態度は取ってほしくない


と思うことってありますよね。

 

 


 

特に、家族だけじゃなく

家の外、例えば友達どうしやお店での態度はとても気になるところです。

 

先日もこんな記事を書きました
「誤解されやすい子」の特徴への対応
時々、生徒にこんな風に話すことがあります。    私はそういうの気にしない方だからいいけど、 他の人&

 

 

このブログ記事を読んだ親御さんからメールをもらいました。


 

どうやら、お店での不遜な態度がお母さんは気になったようです。

 

お店の人に対して

さもわかっている風な偉そうな態度に

お母さんは、びっくりもしたし

 



冷や汗2 (顔) 人に対してそんな態度じゃ、もちろん誤解されるし、

本人にとって何のメリットもないんじゃないかあせあせ (飛び散る汗)


そう思われたようです。

 

この気持ちとってもわかります
 

そこで、私からは

その子自身の考え方を全て知っているわけではないけれど

考えうる限りの可能性と対応をお送りしました
ちょっと長いですが、読んでみてください。




 

どんなときにも、本当に大切なのは本人の意図です。

 

どういう意図を持ってそういう態度を取っているのか。

 

 

一見無作法だったり、常識がないような行動でも

本人にとっては必ず

何らかの意図があるものです。

 

その方法が効果的だと思っているから使っているんですね。

それが、以前ご紹介したように

誤学習ならより良い方法を教える。

 

意図があってそれが、状況に合ってないようなら

もっと効果的な方法を教えてあげる。

 

 

それならいいか~!という内容なら、


 教えてくれてありがとね。


と伝えておく。

 

そんな対応をしていきます。

 

今回の場合はお母さんやお姉さんが

不利な条件や不必要な契約を迫られないようにするための作戦だったようです。

 


 

そこまで考えてたんですね。

 

もし、お母さんが一方的に


ちっ (怒った顔) そんな態度は良くないよどんっ (衝撃)


と注意したら

その子はとっても理不尽に思うでしょうね。

 

 

本当に聞いてみないとわからないものです
 

お母さんからはその後こんなメールをいただきました。


 

こんな風に母にとっては

男の子って意味不明なことばかりですよね
 

 

そんな中で、

子どもさんの思いを形にされた方がいらっしゃいます。

こちらの記事でもご紹介した北村由佳さんです。

リコーダーが苦手な子にオススメのアイテム
  中学1年と2年のときの音楽の先生が 私は大好きでした     サバサバしてて&

 

子どもの


泣き顔 困った
を形にした方ですグッド (上向き矢印)
 

そんな北村さんのお話を聞かせていただく機会を作りましたdouble exclamation
詳しくはコチラをどうぞ
意味不明な男子の操縦法・働くお母さん向け講座 【講師 北村由佳さん】 | 広島で発達障害・不登校の小学生や中学生向け家庭教師は、きらぼし学舎

 

 

 

まとめ

子どもの行動を一方的に決めつけるのは簡単。
だけど、子どもが考えてないんじゃなくて、その考えを親がわかってないのかも・・・。
「親の心子知らず」っていいますけど、子どもの方がよっぽどか一途に思ってくれているな、と思います。
とりあえず、一言「理由教えて」って聞いてみませんか??

 

 

今回、ブログへの掲載を許可してくださった

生徒さんとその親御さんに感謝しますハートたち (複数ハート)
 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す