2017.06.23

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

必要以上に子どもに厳しく激しく辛くあたってしまったとき、どうするか

先日、こんなメッセージが来ました。

 



詳しいいきさつは眠りのプロフェッショナルのおふとん屋さん「ひが寝具」のブログを御覧ください

『ナイスな少年がいました!』
Vol.羊が943匹 来たときよりも美しく高校野球の時に言われていたことです なのでゴミを見ると気になります それにしてもカープ人気はすごい 2軍の試&

 

どうやら、アイスを買った少女がいて、

少年がぶつかって来て

せっかく買ったそのアイスを

落としてしまい

お母さんから怒られていた、

という話のようです。

 



(ひがさんのブログより写真お借りしました)

 

これに対して、私は



と答えました。

 

でもね、

でもね、

そんなに冷静に対応できるときばかりじゃないですよね

 

お母さんだって

そんな風に冷静に対応できたら

どんなにかいいだろうか、と

常日頃から思ってるんじゃないですか

 

 

 

なので、

今日は

「必要以上に子どもに厳しく激しく辛くあたってしまったとき、どうするか

です。

 

 

答えは単純明快

 

 

素直に「ごめんなさい」と謝る

 

 

以上です。

 

私も先日息子に「急に説明もせずにキレてごめんなさい」と謝ったところです。

 

 

大人がね、全く間違いを犯さないって

変だと思うんです。

 

 

大人だって人間。

 

間違うこともある。

 

 

だけど、間違ったら

それをリカバリーする。

 

そこを見せる大チャンス

 

 

大人だって謝るんだから、

子どもも謝る。

 

にんげんだもの。

(グーグルIMEすごいな。「にんげn」って打っただけで「にんげんだもの」が出るなんて

 

 

 

ま、

怒らないに越したことはありませんが、

しっかりあやまっていきましょ~

 

 

あ、


そもそも怒りたくないのよどんっ (衝撃)


 

という方は

多分、普段からためこみグセがついてます。

 

あれ

っと思ったことは

すぐに伝える。

 

正直に。

 

これが秘訣です

 

 

ひが寝具のひがっちは、



こんなメッセージをくれる

本当に心優しい青年なのです

 

あ、わが家のおふとんもお世話になりました。

『子どもが不登校・発達障がいグレーなら絶対必要な存在!』
今日のポイント「些細なこと」だからこそ相談できる人が必要なんです!!広島市で不登校・発達障がいグレーの子どもさんの成長と自立をサポートする「きらぼし学舎」希恵&

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す