2017.05.23

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

成功体験はまずここから!!

先生からの電話電話って

ドキッとしますよね

 

今回、先生から息子の朝のお支度について

連絡がありましたたらーっ (汗)

 

 「朝のお支度があまりに遅く、

何日も続くのでおうちでもお話してほしいんです。」

 

この

 

朝のしたくを時間に間に合うようにひとつひとつやる
 

という息子の課題に

私がどの様に対応して

息子がどの様に変化したかを

レポしています。

 

 

ここまでの経過
子どもをどんどん追い詰める親。子どもより先に○○してはいけない!!
息子のことで先生から電話がありました・・・   息子は今年も昨年と同じ先生です 息子の先生については&
 
良かれと思ってやっていることが子どもをダメにする。
子どものことで お母さんが 子どもより先に困っていませんか   子どもは 親が見守ってやれるあいだに&
 
子どもの課題を解決するためにできる親の聞き方実例
この2回で 息子の先生からの電話があったという話題を 具体例として 私の実践をお知らせしていますが 全然本題に&
 

問題行動がますますエスカレートする理由
ここまでの経過   子どもをどんどん追い詰める親。子どもより先に○○してはいけない!! 息子のことで&

 

手順はこちら

子どもの課題を解決するために大切な3つのステップ
 つまづきポイントを見つける
 ゴールを決める 練習をする

 

つまづきポイントがわかって

ゴールの共有ができたので

 練習をする

に取り掛かりました。

 

 

息子には学校に行ったときの再現をしてもらいました。

 

ランドセルを背負って教室に入るところから

で、私がいつも話しかけてくるお友達の役です。

 

 



 

いつものパターンをやって

ここで困っているというのを確認してから

 

セリフを考えました。

 「水やりが終わってからお話しよう」

 

これなら断るのが苦手な息子でも

肯定文なので言いやすいようでした

 

 

しつこく話しかけてくる友達役を

私が怪演して

 

一生懸命

 「水やり終わってからお話しよう」

と断る息子。

 

4回ほど繰り返して

 「明日、これで頑張ってみれそう?」

と確認して

次の日学校に送り出しました

 

 

ポイントは

ロールプレイで練習です。

 

 

これは

カウンセリングでもやるんですが

疑似体験だったとしても

十分、成功体験となりうるんです

 

 

やってみると

実際にどこで何に困っているのかもわかっていいですよ
 
 

 

さて、息子は無事にそれ以降

毎日時間に間に合うように

お支度ができているようでするんるん (音符)

 

 

ただ、

お友達のお母さんから

がく〜 (落胆した顔) 「最近、Kくんが笑っておしゃべりしてくれんたらーっ (汗)

って寂しそうだったんよ~。

 

と聞きましたあせあせ (飛び散る汗)

 

これは、私の配慮不足だったかな~、と思いました

 

 

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

こんな私が実行委員長をつとめる

お片づけの考え方が学べるイベント

Get!Organized Week チャリティイベントはこちら 詳細HPはこちら→西中国チャプターチャリティイベントHP
チャリティイベントお申込みページはこちら→日本ライフオーガナイザー協会

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

Comments

コメントを残す