2017.04.15

【カテゴリ】発達障がいだけど大丈夫

あなたの片づけで家族が笑顔になってますか?

私は

発達障がいの子どもさんがいる家庭では

お片づけをしてほしいな、

と考えています

 

 

なぜなら、

どんっ (衝撃) モノがたくさんありすぎていたり

どんっ (衝撃) 置く場所が決まっていなかったり

どんっ (衝撃) あるはずの場所になかったり

どんっ (衝撃) いつも探しモノをしていたり

そんな状況では

脳のワーキングメモリが圧迫されて

 


バッド (下向き矢印) 判断力の低下

バッド (下向き矢印) 決断力の低下

バッド (下向き矢印) 集中エネルギーの消費

 

ということが起こるからです。

 

 

 

詳しくはこの辺のブログをご覧ください 


 


 

でもね、

 

 「お片づけが大切だなんてわかってますあせあせ (飛び散る汗)

だから、子どもにもちゃんと片づけられるように言ってますどんっ (衝撃)

 

というお母さんは

たくさんいると思うんです。

 

 

てか、昨今のお片づけブームで

「家を片づけたいお母さん

ばかりですよね

 

 

ただ、そのために

お母さんがキリキリしてたら

意味ないと思うんです。

 

 

多少散らかってても

お母さんが子どもに接するときに

イライラしてなくて

 

話を聞く余裕があったり、

一緒に夕ご飯が食べられたり、

子どもの失敗を一緒に笑えたり、

そんなお母さんであることの方が大切だったりします。

 

 

あなたが片づけることで

家族も笑顔になれてますか

 

 

そんな時

じゃあ、どんな視点を持ったらいいのか

 

 

そんな話を

ライフオーガナイザー®同期の井手本亜希ちゃん

6月4日(日)のライフオーガナイズチャリティイベント@広島会場にて

お話してくれます

 



 

「元汚部屋住人だった」

と語る亜希ちゃんの

お片づけを進める上で避けることはできない、

というか

ここ避けたらあとがうまくいかないよね~、ってところを

じっくり聞けます

 

 

こないだ、亜希ちゃんちで

チャリティイベントのセミナーの話をしてきました

 

こんなの出してくれるの~



 

家庭的で気が細やかで丁寧な、亜希ちゃん

 

私は学ぶことがいっぱい

 

 

 



お申込みはこちらから

一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会 » 2017オーガナイズウィーク チャリティイベント

 

会場でお会いしましょう

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す