2017.03.02

【カテゴリ】その他

「自分なんかおってもおらんでも同じだ」と思っているあなたへ

広島県の県立高等学校は

毎年3月1日に卒業式です。

(一部例外もあるようですが)

 



 

中学校で数学を教えていた時

卒業式は

やはり特別なものでした桜

 

高校受験を終えて

少し大人びた子どもたちを

送り出す。

 

あの子は大丈夫かな。

ちゃんとやっていけるかな・・・。

 

あぁ、あんな未熟なままで

送り出してしまうのは・・・。

 

もう少し時間があれば・・・。

 

そんな風に思うことも

たくさんありました。

 

 

でも、

15才で未熟なのは

当たり前だし

私は

「世間が磨いてくれる」

と常々思っていて、

 

いっぱい困難にぶち当たって欲しいな。

 

いっぱいその時その時をしっかり悩んで

悲しんで、楽しんで欲しいな。

 

そういう思いで送り出してきました。

 

 

 

 

 

 

受験を控えた中学3年生の家庭教師の生徒から

ちょくちょくメールが来ます。

 

「志望校変えた方がいいですか?」

 

「どうしよう。。。全然できてないことに気づいた」

 

「40文字で答える問題にすごい時間がかかります。

どうしたらいいですか?」

 

「7割以上とれなかったら受かりませんか??」

 

こんな不安を訴えるメールが

増えてきました。

 

新しい門出で

子どもたちは不安になります。

 

どんなに大人びていても

生意気でも

やっぱり不安は不安です。

 

 

そんな時に

友達でも親でもない、

そんな大人と繋がっているのは

実は大切なんじゃないかな、って

そう思います。

 

すっごく悩んで

悲しくなって

諦めて

どうしようもなく

世界から自分一人いなくなっても

この世の中は何にも変わらない。

 

「自分なんて

いてもいなくてもおんなじだ」って

そう思ってしまうかもしれない。

 

私だってそういう気持ちになったことあるし、

それはそんなに珍しいことではないんだと思う。

 

大学では1/∞(無限大分の一)の自分を感じて虚しくなる、と習ったっけな。

 

 

でも、

どうかそれを確かめないで欲しい。

 

だって

いなくなったっておんなじかどうかは

自分で確認のしようがないじゃないか。

 

だって、

周りの人にとっても

あなたがいるのが当たり前になってるから

いなくなった時にどうなるか、なんて

わかりようがない。

 

おんなじなら

いた方がマシなんだって。

 

とにかく、

あなたはいるだけで

それだけで

誰かが悲しむのを阻止している。

 

そういう役割を持っている。

 

周りの人は

あなたが今日も明日も

そこにいることを信じているから

信じているからこそ

「いてくれてありがとう」

なんてことは言わないし、

思いつかない。

 

だから、

とりあえず生きて。

 

生きとる、

そこにおる、ってことが

何よりも大切。

 

 

そして、

お母さん。

(お父さんもね)

 

子どもさんには

ぜひ、「生まれて来てくれてありがとう」って

なんでもないときでいいから

心から伝えて欲しい。

 

何度も何度も伝えて欲しい。

 

 

 

 

 

ここからは、ちょっとつぶやき。

 

私は大人として

生きていることの喜びとか

面白さとか

生きとるって楽しいよ、ってことを

教壇から中学生に伝えたい、って

そう思ってきた。

 

家庭教師でも、そう。

 

子どもたちに

「あの人生きとるの楽しいらしい」

って思ってもらえるように

生きとるつもりだった。

 

 

そんな風にできん日もあったけど

大人だって悩んでいろいろ大変。

でも、面白いんよ。

ってことを伝えたかった。

 

ほんまは

ひとりぼっちを感じた時に

「そう言えばあの人が

生きとるって結構面白い、って言いよった。

今は全然感じんけど、

ほんまに面白いんか確かめて

ほんまじゃなかったらあいつに責任とらせちゃろう」

って思ってほしかった。

 

けど、

それができんかったのは

ほんまに残念じゃと思う。

 

ほいじゃけぇ、

私は

「やっぱり生きとるってなかなか面白いんよ」

ってことをもっとずっと体現して

これからの生徒には

「あの先生がそういいよったしな」って

思い出してもらえるように頑張るよ。

 

ほんで、

天国であんたに会った時に

「もうちょい生きとったらよかったわ」って

言わせるけぇ。

 

待っときんさいよ。

 

絶対に言わせるんじゃけぇ。

待っとって。

 

 

私はあんたが好きじゃったよ。

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

Comments

  1. […] 「自分なんかおってもおらんでも同じだ」と思っているあなたへ […]

コメントを残す