2017.02.16

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

アドラー的子どもを叱らない方法(ドラマ「嫌われる勇気」第5話)

この2日間、

息子を注意すること2回。

 

昨日は、

お友達のお尻にカンチョウして

先生から電話雷

(しかも先週も同じことして謝罪までしたのに・・・)

 

今日は、

習い事のお習字に

いつまでたっても行かなくて

結局遅刻雷

 

 

どちらも、

基本は息子に

自分でどうしたらいいか考えさせる

という形を取っているものの

私が

必要以上に介入してしまったな・・・

という感じ・・・たらーっ (汗)

 

 

というのも

お友達のお尻にカンチョウしたことも

お習字に遅刻するのも本人が困ってから

対応してもよかったかなたらーっ (汗)

と私が反省しています

 

なぜなら、

どちらも息子の解決すべき課題だからです

(問題ではなく解決可能な課題というところもポイント)

 

課題の解決というのは

本人が

自分で気づいて

自分で考えて

自分で解決のために動くことが必要なんです。

 

 

がく〜 (落胆した顔) 「誰かに言われてやった(やめた)」

とか

がく〜 (落胆した顔) 「怒られたくないからやった(やめた)」

とか

がく〜 (落胆した顔) 「褒めてほしいからやった(やめた)」

というのは

課題を解決したとは

言えないんですね。

 

 

ましてや、他人が

 「見てると気になる」

とか

 「自分がイライラする」

とか

 「迷惑かかるからイヤだ」

とか

 「良かれと思って」

といった理由で

本人に命令するのは

人の課題に必要以上に踏み込んでいて

やってはいけない

というか

まあ、

やる意味のないことなんですね

 

 

ドラマ「嫌われる勇気」第5話では

これを

「課題の分離」と言っていました

 



 

課題の分離は

出来るようになると

本当にラクに生きられるようになります。

 

 

 「あの人がどう思うだろう」

とか

 「ああすればいいのに」

とか

 「あそこで私はどう思われるだろう」

とか

 「もっとよく思われたい」

とか

 「嫌われたくない」

とかっていうのは

人が勝手に感じて思っていくことに対して

どうにかコントロールしたいという

自分勝手な考えです

 

それに

他人が感じて思うことまでかまっていたら

どんなに有能な人でも

エネルギーがいくらあっても足りません

 

だって、

自分のことで大抵の人は

いっぱいいっぱいですよあせあせ (飛び散る汗)

 

その上人のことなんて、

キャパオーバーするに決まってます

 

大文字教授はこう言いました。



 

そして、



 

子どもに対して命令するのは

その子の課題に対して

土足で踏み込む行為

なんですね。

 

 

だから、

私が昨日息子に

 「あのさ~、

先週カンチョウはもうしません、って

言ったのに

今週またするっていうのはさ

脳みそちゃんと使っとるわけ

やったらいけんじゃろむかっ (怒り)

とキレるのも

 

今日

 「お習字はいったいいつ行くんねむかっ (怒り)

時計みんさいや~むかっ (怒り)

とキレるのも

 

課題の分離ができてない

ってことです・・・はいたらーっ (汗)

 

じゃあ、

どうすればいいのか

というと

 



 

なんだそうです。

 

ということは

 自分で失敗したことに気づくまで待つ。

 

気づいたら

 助けを求めてくるまで待つ。

(このためには日頃から

「困ったときには助けるよ」と伝えておいたり

実際に助けたりすることが大切)

 

 助けを求めてきたら

一緒に考えて

自分で行動できるように助ける。

 

ということです

 

はぁ~、次がんばろ

 

 

たとえ

親子であっても

夫婦であっても

友達であっても

この「課題の分離」は

本当に大切です

 

 

青年も最後には



 

と解ったようです

 

 

人から好かれることに関して言えば

どうでもいい人からの好意を

求める意味って

どのくらいあるんでしょう

 

 

誰にも嫌われていないというのは

誰からも好かれていないのと同じです。

 

それは

自分にとっても

誰かにとっても

特別な存在はいないということですから。

 

 

特別な存在であるというのは

誰かから好かれるが誰かからは嫌われる、

ということ

 

 

 

他人の課題に介入し

自分の課題を他者に押し付けたこの2人。





 

そこにあったのは

友情ではなく

自分の人生を他人のせいにする

他人の人生を自分のせいにする

そんな

自分の人生を歩むことに集中せずに

不自由になってしまった姿でした。

 

 

自分の人生に集中するというのは

自由になるということ

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す