2017.01.21

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

自分の可能性を自分で消していませんか?

9月の終わりから

毎週金曜日は廿日市市の短大で

「コミュニケーション心理学」

授業をしています

 

 

私の授業は

すぐに使える心理学ハートたち (複数ハート)

(単に、難しいことは

もっとえらい先生にきいてね、ってことですが)

 

テキストはこちら



 



 

この本、

解説とワークがのっていて

一人でも進めることができます。

 

以前は、こちらを使っていたんですが、


 

もう取り扱ってないということでしたたらーっ (汗)

(Amazonでは買えるみたいですね)

 

アサーションについてはこちらの記事をごらんくださいね


 

 

一言でいうと

アサーションとは

「爽やかな自己主張」です。

 

 

授業ではこれに加えて

まず、

自分自身を知ること

「自己分析」から始めます

 

 

 

自分を知って

自分の自由を認めてあげると

 

人のこともよくわかるし

人のことも認められるようになるんです

(何人もそんな人を見てきました。)

 

私が

自己分析にこだわる理由はここです

 

 

結局、

他者に対して批判的で

許せない人は

自分自身も許せてないことが

ほとんどなんですね。

 

 

もしくは

問題を棚上げしてる

 

 

本当は自分の内面の問題なんだけど

人にそれを押し付けたり

投影したり・・・

 

 

やるかやらないかは別として

私たちは本当はとても自由なんです。

 

 

その自由のなかで

自由を選ばない、という選択をしている。

 

「自分で選んでいる」

それを知るだけで

かなり見えてくるものがあります

 

ここ2日間

こんな記事を書いてきました。

 


 


 

でもね、

私も

あなたも

そして

他の人も

全員

幸せになる権利を持っているのと同時に

幸せにならない権利だって持っているんです。

 

 

その人が

それを使わない、と

自覚して選んでいるなら

それはそれで

尊重されて然るべき決断なんです。

 

誰かにモノをもらったとき

断ってもいいんです。

 

やりたくない、ってはっきりと

言ってもいいんです。

 

でも、

言わないのは

「言えない」んじゃなくて

「言わない」選択をしているってことです。

 

 

ただ、

知らなくてぐるぐるした状態になっているなら、

まずは知ってください。

アサーション権


1 自分自信である権利

人は誰でも、自分らしく、素でふるまっていいんです。
2 自分を表現する権利

誰でも自己表現の選択肢をもっています。

やってもいいし、やらなくてもいい。

そこに、意味や理由は要りません。

途中で辞めたり変えたりしてもOKです。
3 1や2を行使するとき、罪悪感や無力感を持たなくていい。

自分で決めたらそれをやっていいんです。

結果について自分で責任をもつことができます。

もちろん、間違ってもいいんです。

そして、責任をとってもいいんです。

 

あなたは

成長してもいいし、

現状維持で止まってもいい。

 

あなたらしく自分のやりたいようにやっていいんです。

そして、

それについて罪悪感も持たなくていい。

結果は自分で責任をとることができます。

 

だから、

とっても自由なんです。

 

やらない自由を選んでいる。

 

まずはそこから

 


 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す