2017.01.09

【カテゴリ】子育てのコツ

子どもの「やり抜く力(GRIT)」を育てる最も効果的な方法

ほとんどの親御さんは

子どもさんに対して

4061634 「逆境に負けず

最後まで粘り強く頑張って欲しい。」

 

4061634 「すぐに諦めるところは

なるべくなら見たくない。」

 

4061634 「結果はともあれ、

頑張る姿を見たい。」

 

そう思っているんじゃないでしょうか4501
 

この2日間、

コチラの本を参考に

(クリックでアマゾンが開きます)

 

私の息子に対する実践を

ご紹介しました。


 


 

 

でも、

子どもというのは

すぐに効果がでるものでもありません。

 

研究でも

その多くは縦断的研究といって

対象となる子どもたちを

大人になるまで

定点的に観測するという方法で

調査をしていて

とても時間とお金と労力がかかるものなんです。

 

 

でも、

はっきりとわかっていることがあります。

 

「やり抜く力(GRIT)」を持っている人たちは

その親を手本にして

親の生きる姿勢から

「情熱」と「粘り強さ」を持って取り組むことを

学んだということ。

(やり抜く力 GRIT p289より一部抜粋)

 

P_20170103_135300_vHDR_Auto (1)
 

つまり、

心理学的に「賢明な育て方」というのは

昨日と一昨日のブログで書いたように

「子どもに厳しい要求をしながらも

支援を惜しまない育て方」

なんですが

 

それと同時に

親自身が

「継続して何かを続けていて

自分のやりたいことのために

努力をしている」ことが必要不可欠なんです380255
 

どうですか4501

 

チャレンジしていますか4501
 

もし、

YESなら

子どもさんにも着実にその力が

身についていますよ67457
 

 

ただ、

勘違いしてほしくないのは

努力や

継続というのは

苦しいものとは限らない

ということです4283389
 

 

努力と聞くと

辛いことを我慢してとか

額に汗かいてとかだけを

イメージしていませんか45014501

 

違いますよ。

 

好きなこと

やりたいことであることが

大前提です。

 

好きなことだから

多少の大変なこともできるんです116822
 

 

やりたいことを楽しみながら

努力する

 

ここが本当に大切なんです。

 

 

 

4061634 「うちの子

何にも熱中するものがないんです」

という親御さんは

たいてい

子どもさんに集中していて

自分のことはほったらかし

ということが

多くあります。

 

 

この子が手が離れたら

と思っているとしたら

多分、

永遠に手は離れませんあせあせ (飛び散る汗)
(あなたが離したくないんだから)

 

 

自分のために我慢していると知ったら

子どもさんはどう思うでしょうか4501
 

 

やりたいなら

出来る範囲でとっとと始めてしまったほうが

子どもさんのためにも

よっぽどか有益です113822
 

 

子どもさんの

「やり抜く力(GRIT)」を

育てたいなら

あなた自身が

情熱を持って努力することを

いとわない人生を2456

 

P_20161209_122001_vHDR_On
 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題
 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す