2016.10.21

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

子どもが漢字を覚える環境を作る

先週の日曜の朝
113822眠い (睡眠) 「カタカタ音がするな・・・」



目を覚まして見ると

 

DSC_3217
 

何やら

一生懸命パソコンに向かい

キーボードをたたく息子278319
 

 

DSC_3218
 

足元には

ローマ字表。

 

 

278319 「かあしゃん、

寝とるところ悪いんじゃけど

おつりって漢字ってある4501

 

113822眠い (睡眠) 「(この子はいつの間に

クッションことばを覚えたんじゃろう・・・)

あるよ~。

金へんのやつよ~眠い (睡眠)

 

278319 「わかった2456

ありがと」

 

DSC_3215
 

マインクラフトで

「お釣りが無いように」

ってどんなシチュエーションexclamation and question
 

 

 

 

息子にとっては

漢字=かっこいい

なんだそう127774
 

 

いいことだ~。

 

ゲームでも

勉強につながると

やっぱり嬉しいのは

 

私が

ルールや常識を大切にする

性質を持っているからなんだけど

 

 

息子の様子を見て

やはり

文字とは言語とは

自分の思いを伝えるための

手段

なんだな~と

再確認しました174214
 

 

よく

4061634 「どうやったら

漢字が覚えられますか4501

って聞かれます。

 

覚える必要がなければ

やっぱり覚えない。

 

 

でも、

こうやって

自分の伝えたい思いがあって

自分から

何か発信したいとき

 

文字は

味方になってくれるから

 

そのとき

自然発生的に

必要になってくるんだな、って

実感しました。

 

 

だから、

子どもに漢字を覚えさせるとき

 

そこに

その子に

覚えさせたい漢字が

必要になる環境があるか

 

どうやったら

その環境が作れるか

 

そういうのも

実は重要な要因なんじゃないかと

思う。

 

 

私は

何年も何年も

思ったことを

英語でしゃべれるようになりたいな~、って

思っているんだけど

 

でも、

そんな環境を今作ってないから

 

英語じゃないと

伝わらない人が

いないから

やってない。

やろうともしてない。

 

ここで

英語圏の生徒さんとか

好きな人とかできたら

多分、

必死で伝えるし

必死で覚えるだろうな・・・4568631
 

 

熱量の大きさが

大きければ大きいほど

学問でも何でも

目的に向かうと

大きな情熱になる。

 

大人にとって都合のいい

目的だけ

認めてないかな・・・って

ちょっと反省する。

 

 

勉強って

メリットとか

合理的な考えとか

自分だけの意志とか

将来への貯金とか

 

そういうものだけでは

続きにくい。

 

でも、

好きだったら

続くこともある。

 

 

私は高校生の時

生物がなんだか好きで好きでたまらなくて

ものすっごい

生物だけ勉強してて、

それはそれは

楽しかった4568631
(今では、「楽しかった」ことしか覚えてないけど)

 

 

だから、

子どもに勉強して欲しかったら

やっぱり

親が勉強しないとな

って思うんです。

 

 

言われたことを

キチンとやれることも

素晴らしい

 

誰に何を言われても

自分の好きなことだけ

追求できるのも

素晴らしい

 

 

どちらにしても

何かを学ぶこと

知らないことを知ること

新しいことを見つけること

そういう喜びを

喜んでいる姿を見せる

 

子どもが新しいことを

発見したときに

468856 「知らないことって

知ると嬉しいね823420

468856 「考えるって面白いね217387

468856 「工夫するって楽しいね」

って言える

 

自分の考えや思いを言ったときに

468856 「教えてくれてありがとう」

って言える

 

 

そんな

本には書いてない

 

ちょっとした声かけや

笑顔が

子どもを育む環境の

空気になじんで

 

それを子どもたちは

吸って吐いて

ご飯で食べて

 

「悩みはあるし

大変なこともあるけど

生きるって

なんかいいな」

って

思える人生を送ってほしいな、

と思った朝でした113822
 

DSC_2971 (1)
 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

Comments

コメントを残す