イベント・セミナー

2016.08.08

【カテゴリ】不登校だからこそこれが大事

不登校が教えてくれるもの

今日のポイント380255

子どもとは

「親に苦労をかけるもの」

それで当然。

「安心・安全が

保障された時に

自ずと育っていくもの」

 

 




 
子どもを怒り出したら止まらない。
 

実は、

まだ息子が小さいころ

私は息子を叩くことがありました127765

 

いけないとわかりつつも

攻撃的な言葉でひどく責めたり

突き飛ばしたり

がみがみと何分もしつこく怒ったり・・・238656

 

 

どれも本当はやりたくないこと。

あたまではそう思っていますあせあせ (飛び散る汗)
 

それでも、

か~むかっ (怒り)っとなるとやってしまって、

息子に謝っていましたたらーっ (汗)
 

 
「どうしてそんなことになってしまうのか?」
 

そのようなことが起きる時は

たいてい私の中にある

「ちゃんとしたお母さんだと見られたい」

そんな思いが

頭をもたげていたように思います66730
 

 

「こんなんじゃ、

周りの友達に嫌われてしまう」

 

とか

「これじゃあ、いけない。

この子のために早いうちから

直してやらないと。」

とか

「もっと

気持ちの切り替えが

できるように!」

とか。

 

そんな焦りや不安から

息子を叱り飛ばし

しつこく怒っていたのでした。

 

 

私は

人間としてこの世に生を受けて

まだ、たった数年の息子に

大人と同じくらい聞き分けが良くて

朗らかで、

可愛らしく

礼儀正しい姿を

求めていたのです127765
 

 

 

 

息子の発する

ポジティブな感情は

惜しみなく受け止めるし、

一緒に喜ぶ。

 

けれど、

 

ネガティブな感情に対しては

息子が自ら

気持ちを早く切り替えることを

求める。

 

そんな私の

焦りや、不安、

正しくありたいというよりは

間違うのが怖い、という思いを

丁寧にほぐしてくれた本を

ご紹介します。

 

親御さんや先生はもちろん、

すべての大人に

読んでもらいたい本です。

 

もし、今まで読んだ本の中で

不登校の子どもさんをもつ親御さんに

1冊だけ

ご紹介するとしたら、

私は迷わずこれを

選びます113822 823420
 

男の子を持つ

お母さん・お父さんには

特に!!

 

 

「ちゃんと泣ける子に育てよう」

大河原 美以

o0800142213351680029 子どもの感情を受け止めることの

大切さとその覚悟。

 

そして、何歳からでも

やり直しはできるという

勇気。

 

大河原先生は

保護者や先生との対話という形で

ひとつひとつわかりやすく

書いてくださっています。

 

 

さらに、

親自身の未消化なままの

感情のことも。

 

むしろ、

ここが大きいんです!!

 

子どもに何をするか、

はもちろんだいじです4283389
 

ですが、

それ以前に

私たち親は自分のことを

どのくらい受け留めているんでしょう。

 

 

悲しい

辛い

怒っている

イライラする

羨ましい・・・

 

これらはみな

ネガティブな感情です。

 

 

ネガティブ感情の

安全な処理の仕方を

私達現代人は知らないのです。

 

その処理の仕方を

積極的に学んでいく、

そんな時期に来ていると感じました。

 

手大河原先生の研究室のサイトは

お役立ち情報が満載です。

 

 

もし、

また大学院に行くとしたら

大河原先生のもとで学んでみたいな127774
o0800045013351680030
 

 
不登校が教えているものとは
 

子どもとは

「親に苦労をかけるもの」

それで当然。

 

 

「安心・安全が

保障された時に

自ずと育っていくもの」

なんだそうです113822
 

私たちも

そうして育ってきたのですね。

 

 

 

人の迷惑をかえりみない欲求は

「生きる力」なんだそうです。

 

 

不登校はまさに、

子どもさんが

「人の迷惑をかえりみず」

自分の欲求を

突きつけている!

 

 

それは、
安全・安心だからできること!

 

それは、

生きる力を持っているから
できること!!
不登校にある

子どもさんの感情を

丁寧に拾って、

親子の関係を

見なおしていく。

 

その必要に迫られているのかもしれません。

 

きらぼし学舎では、

そのような関わりのきっかけになる

心理的プログラムを
ご用意しています113822
 

 

私は今は息子に手をあげることは

ありません。

 

暴力で脅すこともありません。

 

子どもが泣いていても

泣いていることそのものに

そこまでイライラしなくなりました。

 

ガミガミと何分も怒ることも

なくなりました。

 

それは、すべて息子が

自分の命を精一杯かけて

私に教えてくれたことです。

 

o0576102413351743133
 

でも、

心配や悩みが

無くなったわけではありません4283389
 

 

うまく心配したり、

悩んだりできるようになったのかなぁ、と

自分では思います116822
 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

 

これまでご紹介した本はこちら



講座などの最新の情報はこちら

588721無題

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

マインドマップや心理学講座などの最新の情報

最新情報はこちら 現在募集中の講座はブログ上部にあります
  • ✔ 子育てや家族関係で悩んでいる
  • ✔ マインドマップを描けるようになりたい

という方のお役に立てる講座を開催しています。

また、私の脳内に興味がある方はこちらでお友達登録をおねがいします。

Line@で1:1トークができるようになりました。
じわじわとお友だち増えてて嬉しいでするんるん (音符)

友だち追加
友達になっていただくと、教室のイベントや空き時間、お休みのお知らせ、ときどきつぶやきが届きますラブレター

不登校・発達障がいの子どもの
家庭教師きらぼし学舎
植木 希恵

The current policy is that only the TBLIs (Tony Buzan Licensed Instructors) or those who have acquired my license in written form are authorized to use the above mentioned trademarks in Japan. Any unauthorized use may constitute the act of piracy and such acts are subject to criminal charge.


マインドマップ® Buzan® はトニー・ブザンインターナショナルの登録商標です。

www.TonyBuzan-Asia.com
www.TonyBuzan.com

Comments

コメントを残す