イベント・セミナー

2016.06.27

【カテゴリ】発達障がいだけど大丈夫

子どもが発達障害なら非常持出袋にこれを入れて!心理カウンセラーがオススメするこころの防災

今日のポイント380255

防災グッズをそろえるのと

同じくらい

こころの防災である

頭の中を整えることが

大切です2456

 




昨日は夕ご飯で

パッククッキングに

チャレンジしてみました2456
 

参考にしたのはこちら

無題
 

温かい災害食が川の水とポリ袋で作れる。ガス停止で役立つパッククッキングを覚えて

 

以前から興味のあった

パッククッキング。

 

キャンプとかしたらできるかも158304 823420
 

と思ったけど、

うちは全然アウトドアじゃない。

 

127774 「もういいや、

練習したいだけだから

夕ご飯当番の日にやっちゃえパンチ

とやってみた次第です113822
 

今回チャレンジしたメニューは

この2つ。

レストラン 白ご飯レストラン キャベツとさばのカレー蒸し

 

 

被災した時にも

温かいご飯が食べたい2456
 

ということで、

作ってみました2456
 

食材を準備して

DSC_2344
22502
袋にいれて

DSC_2345 (1)
 

あらあら。

見学の方ですか113822
DSC_2348
 

22502
調味料はカレールウだけ

DSC_2349
22502
お湯を張ったお鍋でグツグツ

DSC_2351
が、この写真は悪い例です(;´д`)トホホ…
「結ぶ位置はもっと上!

鍋ももっと深めで!」

と岡部さんから

直々にアドバイスいただきました!!
お気をつけくださいませ!

22502
想像以上の美味しさで

家族5人でペロッと食べてしまいました。

DSC_2356
 

ご飯も

こうやって器に乗せれば

器を洗う手間と水が節約できるし。

DSC_2353
 

素晴らしいですね2456
詳しくは岡部梨恵子さんのブログをどうぞ。

 

災害が起きた時

多分、いろいろなことが

いっぺんに押し寄せて

頭の中も

いっぱいになってしまいます。

 

だからやっぱり

なんでもないときに

こうやってやっておくと

113822 「次はこうしよう」

といった

工夫も生まれるし

 

なによりも

やったことがある

というのは

いざというときに

役に立つんです。

 

 

食べるものももちろん大切です。

 

頭の中も

結構大切だと思います。

 

 

人はわからないことが

一番不安で怖いんです。

 

だから、

自分自身の頭の中を

日頃から整えておく。

 

子どもさんがいると

自分のことだけでなく、

子どもさんのことも考えなければなりません。

 

だからこそ、

非常持出袋の中に

ペンと紙を

入れてください2456

 

6df9469465df0ce4267898f905351e8c_w
 

 

不安は、

脳のワーキングメモリの大部分を

占領してしまうようです。

 

そんな時は、

まず

紙に頭の中にある

不安を全部書き出す。

 

特に、

災害時にはなかなか

弱音が吐けません。

 

でも、

紙の上は安全です。

 

記録のためではなく

自分のワーキングメモリから出して、

頭の中を整えやすくするためです。

 

そして、

普段からやっておきましょう77894
 

特に、

発達障がいの子どもさんを

お持ちのお母さん・お父さんは

普段から

頭の中を紙に書き出すことを

オススメします。

 

でないと

考えることが多すぎるからです2456
 

頭に浮かんだことを

くまなく

全て

書き出す。

 

ただそれだけですが

普段からやってないと

絶対できません。

 

書くのが苦手でも大丈夫です。

 

人に見せるわけではありません。

 

頭の中にあるものを

一回外に出すことで

余裕が生まれます。

 

自分を

ちょっと高いところから

見ることができます。

 

マインドマップを使っても

文章で書いても構いません。

 

私は文章で書きたい時が

時々あります。

 

ぐちゃぐちゃした思いを

吐露する時は

たいてい文章です4568631
 

頭の中に浮かんでくる考えを

紙に書く

 

ただそれだけで

自分に余裕ができてきます113822
 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

今日の最新の情報はこちら

588721無題

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]

コメントを残す