2017.08.05

【カテゴリ】子育てのコツ

子どもを適度に困らせてますか??

うちの子時々、


 

ということをやらかします。

 

 

こないだは



なぜか赤白帽を切って帰ってきましたたらーっ (汗)

 

 



だってね、

なんでそこ(つば)だけ固いんか

中身が見てみたかったんよdouble exclamation

 

 

というので


じゃあ、何がわかったんexclamation and question
 

と聞くと

 

 



なんかね、

ゴムみたいなんが入っとって

それで固かったんよdouble exclamation

 

と誇らしげに言うので

 

 



そう。

良かったね~。

じゃあ、縫い方教えるけぇ自分で縫ってね。

 

と、自分で修繕してもらいましたあせあせ (飛び散る汗)

 



 

 

こういう時、

私の中ではちょっとしたせめぎあいがあるんですよ。

 

 

中身がみたい

どうなっているか知りたい

という知的好奇心はこのまま育ててやりたい

 

だけど、

なんでもかんでも切られては困る・・・たらーっ (汗)

 

 

で、出した結論は

 

別に怒りはしないけど

後始末もちゃんと自分でしてもらう

 

 

自分で考えて

自分で決めて

自分で結果を見て

自分で次の対応を考える

 

そういう力を養ってやりたいので

ついでに縫い物体験ができたらいいか~。

 

とそんな感じでした。

 

心に余裕があるときは

こんな風に対応できます。

 

心の余裕はじゃあどうやってつくるか、

というと

 

自分のやったことの責任は自分で取れるくらいの大きさにして自分で取ってもらう。

と決める。

 

 

自分である程度困ってもらう。

 

例えばこんな感じ。

 



 

言ったらやるけど

言わなかったら忘れる名札。

 

 

つけたまま洗濯に出して

そのまま洗濯、

干されて返ってきましたたらーっ (汗)

(わが家は洗濯物を私の父が干してくれてます)

 

ここから

自分で中を出して干して乾かして

自分でつけていく。

 

 

それだけのことです。

 

何回も言っても直らないのは

本人が全然困っていないから。

 

自分で困っていくとちょっと自分で考えるようになります。

 

 

自分で手に負える程度に困らせる

 

それは、

子どもに構いすぎないということかもしれないし

その子に自分で解決する力をつけていくということかもしれないです。

 

そして何より

私自身のエネルギーも大切にするし

子ども自身のことも信じていると

私は思っています。

 

なので、自分で解決出来る程度に困らせる。

これを心がけています

 

それにね、

たいがいのことはなんとかなるんですよ

 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵

 


コメントを残す