2017.07.05

【カテゴリ】子育てのコツ

よその子も褒めよう♡ できれば、文字で♡

 

親のお友達や親戚、お客さまが来たとき、

子どもの作品をほめてくれることって

ありますよね

 

その時はたいてい


ありがと~うれしい顔


で終わってますよね。

 

で、子どもに伝えるのを忘れてしまったり

伝えても

子どもはそっけなく


ふ~んボケーっとした顔


だったりして・・・。

 

で、今日はこんな伝え方どうですか

というご提案

 

こちら、

「子育てお悩みスッキリお茶会」で

お茶を出してくれている

お友達の周ちゃんのお宅で見つけた

力強い娘ちゃんの習字作品ぴかぴか (新しい)



 

 



いいね~ハートたち (複数ハート)

力強いね~

 

とひとしきり褒めたあと

ヒラメキました

 

 

今ほめたことばを

そのままふせんに書いて

さり気なく貼っておく

 


 

お茶会に来ていたお友達も

すぐに一緒にやってくれました

 

 

「話したことばは

すぐに消えてしまうけど

書いた文字は消えない。」

というのは

発達障がいの子どもたちと接する中で

とても有効な考え方だし

よい手段なんですが

 

それを日常生活に取り入れたら

子どもたちにとって

もっと伝わりやすいひらめき

何度も見返すことのできるほめことばになるひらめき

 

そんな風に思った出来事でした

 

誰に言われたかはわからない、というのもいいですよねるんるん (音符)

 

次の日はこんな感じだったみたいですよハートたち (複数ハート)

 



 

今日のタイトルは

お茶会を共同開催してくださいっている

周ちゃんのことばでした
 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵