2017.06.18

【カテゴリ】心理学でちょっとラクに

自己評価が低い人は人に対してムダに厳しいの法則。

どんな人でも

たいてい自分を基準として物事を見ている。

 

 

こんなことないかしら?

 

 

 



どうして

聞きながらメモしないのexclamation and question



 

 

 

 



どうして

この説明でわからないのexclamation and question



 

 

 

 



どうして

もう少し先を想像して行動しないのexclamation and question



 

 

 

人のやることに

いちいち腹が立ちやすい人の中には

実は自己肯定感が低い人がいて

(本当は自己肯定感ではないけれど、

わかりやすく自己肯定感ということばを使ってみる)

 

そういう自己肯定感が低い人は

自分ができることはすごく当たり前で

誰でも出来ることだと思っている。

 

で、

そういう自己肯定感が低いんだけど

仕事のスキルはまあまあ持ってる人が

結構厄介だったりする。

 

 

そうすると、

 



自分でさえできるんだから

(誰でもできるようなことなのに)

あなたができないのはおかしい。



 

 

なんて

変な理屈で責めてくることがある。

 

 

 

 

自分以外の人間は

全て他人。

 

子どもや親でさえも。

 

ましてや、

配偶者を始めその他の人は

もっと他人だし文化も違う。

 

だったら

できなかったり知らなかったりするのは

ごくごく当たり前のことだったりする。

 

 

そういう「うっかりハラスメント」みたいなことを

私もやっていると思う。

 

 

だから、

「できない」

「どうしたらいい?」

って

聞いてもらえたら本当に助かる。

 

みんなが全部できるわけじゃないから

お互いの「できる」で

お互い補い合っていったら

それでいいんじゃないかと思う。

 

そしたら、


私これできるよ


と同じくらい


私これできないよ


も大切な声だと思う。

 

 


代わりにやろうか?


もあってもいいし


他のやり方ないかな?


もあっていい。

 

もしかしたら、

やろうとしていることの本質はそこじゃないかもしれない。

 

 

このくらいわかるよね?



幻想なんじゃないだろうか。

 

 

 

子どもに対してもそう。

 

 

昔の自分はこのくらいやってた。



結構危険

 

わたしと子どもは他人なんだ。

 

わかってはいるけどね。

 

時々忘れそうになって

 

いやいや、違う違う。

この子はこの子の時間を、人生を生きている。

 

手伝いはできるけど

代わってはやれない。

 

無造作に入れられた

お好みソースに

イラッとしつつ

そんな風に思った昼下がりでした。

 


(その後息子を呼び止めて

 「これさ~。どうしたらいいと思う??」と

やり直してもらいました)

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵


コメントを残す