2017.05.16

【カテゴリ】子育てのコツ

子どもをどんどん追い詰める親。子どもより先に○○してはいけない!!

息子のことで先生から電話がありました・・・電話

 

息子は今年も昨年と同じ先生です

息子の先生についてはコチラの記事をどうぞ

子どもの判断力を失わせる効果的な方法あります
今日のポイント 子どもを 自分の言いなりにさせる方法 あります   本日息子が1年生となり、 無事に&

 

そんな息子の先生からの電話。

 

実は結構ドキドキします雷

(叱られる=怖いの長女的思考)

 

 

今回は

 「朝のお支度があまりに遅く、

何日も続くのでおうちでもお話してほしいんです。」

とのことでした。

 

先生は早めに言ってくださるし

私のやり方を尊重してくださるので

本当に助かっていますハートたち (複数ハート)

 

 

 

で、「困った時がチャンス」なんです

(by ペカリンさん)

 

今回、困っているのは

先生もかもしれないけど

まず息子

 

 

ここで間違っても母親が困ってはいけないんです。

 

母親は

家という安全で安心な空間で

安全で安心に失敗できる場を

提供する人間です。

 


 

 

だから、

子どもの課題について

今できることを考えるのが親の仕事であって

 

子どもが感じている以上に困るのは

子どもを自分の思い通りにさせようとしているだけです。

 

自分のイメージ通りの子どもじゃないことに

困っているだけです。

 

 

自分の思い通りにしようとすると

子どもの気持ちは置いてきぼりになります。

 

 

子どもは自分が困っているのに

親が困っていると

がまん顔 「ぼくは親を困らせるような

悪いことをしているんだ。

これじゃあ、ダメなんだ」

と考えます。

 

 

それで課題がクリアできるなら

問題ありませんが

 

結局のところ

子どもが自分の頭で考えること無く

言いなりになるということを

選んでしまう。

 

選べてできる子はまだいいのかもしれません。

(全然よくないけど

 

 

もうやだ〜 (悲しい顔) 「なんとかしなくちゃどんっ (衝撃)

と思うけど

できない子はどうしますか

 

パニックになります。

 

本人はどこにつらさがあるか

意識できません。

 

 

でも、

つらいんです。

 

困っているのは自分なのに

それによって

本当に大切な親を困らせているから。

 

自分は悪い人間だから

なんとかしないといけないのに

さらにどうにもならない状況になっているから。

 

 

これはしんどいですよ。

 

 

暴れる子もいるでしょう。

 

自分を傷つける子もいるでしょう。

 

反抗する子もいるでしょう。

 

もしかしたら

何もしゃべれなくなったり

学校に行かないという選択をとるかもしれません。

 

 

子どもより先に困らない。

 

困ったとしても

子どもが本当にその場で学ぶべきことはなにかを

考えて

そのようにセッティングする。

 

それが

親の役目です。

 

 

でも、一人ではなかなか難しいかもしれませんし、

アイデアも浮かばないかも知れません。

 

次回は

どうやればいいかを

息子の具体例をもとに

お伝えします。

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)

こんな私が実行委員長をつとめる

お片づけの考え方が学べるイベント

Get!Organized Week チャリティイベントはこちら 詳細HPはこちら→西中国チャプターチャリティイベントHP

チャリティイベントお申込みページはこちら→日本ライフオーガナイザー協会
 

講座などの最新の情報はこちら

588721無題

不登校・発達障がいの子どもの家庭教師きらぼし学舎
植木希恵


Comments

  1. […] 子どもをどんどん追い詰める親。子どもより先に○○してはいけない!! […]

  2. […] 子どもをどんどん追い詰める親。子どもより先に○○してはいけない!! […]

  3. […] 子どもをどんどん追い詰める親。子どもより先に○○してはいけない!! […]

  4. […] 子どもをどんどん追い詰める親。子どもより先に○○してはいけない!! […]

  5. […] 子どもをどんどん追い詰める親。子どもより先に○○してはいけない!! […]

コメントを残す